テレジーン

Terezín
22. 8. 2013

テレジーン-黙祷を捧げる

テレジーンの要塞は、啓蒙専制君主ヨーゼフ2世によって使用され、母マリア·テレジアの名にちなんで名付けられた建物は主に防御的な目的を果たすためのものでしたが、その後刑務所、また、第二次世界大戦中はユダヤ人ゲットーの強制収容所として利用されました。ホロコーストの犠牲者とに捧げられる記念碑と、不屈の精神と勇気を持って戦った人々の物語を記憶に留めるために、是非テレジーンを訪問してください。

テレジーンの要塞は、オフジェ川の両岸に位置する総合建造物のことを指します。大要塞と小要塞は、フランスのメジエールにある有名な学校に倣って建てられました。テレジーンの暗い歴史は、第二次世界大戦以降に始まります。ここへ数万人のユダヤ人が強制送還され、非人間的な生活条件の元収容されていました。旧宿泊施設、マグデブルクのバラックで有名な礼拝堂、納骨堂と儀式用の部屋および、ゲットー博物館を見学しましょう。テレジーンには、ここへ収容された悲劇の被害者となった人々の墓地と記念碑があります。

希望の光を耐やすことのなかったテレジーン

収容されたユダヤ人は、死に至る残酷なテレジーンでの収容所生活が続くことに気づいていましたが、それでも希望を失わずに芸術へ情熱を諦めませんでした。ゲットーおよび博物館では、収容されたユダヤ人が残した文学、芸術、音楽、演劇作品を見学することができます。テレジーンには、精神分析の創設者シグムンド・フロイトのの4人姉妹、オーストリア出身の教授エリーゼリヒター、そして詩人ウォルター・リンデンバウンもテレジーンへ強制送還されていました。オーストリア首相ブルーノ・クレイスキーの親戚や、最近米国の大統領候補であったジョン·ケリーの親戚らもここに収容されていました。

お気に入り