Mladá Boleslav

30. 10. 2013

ヨーロッパで最も斬新な自動車、車両メーカーの一つシュコダの生まれ故郷の街をご存じですか?

ムラダー・ボレスラフは自動車の街だけではなく、歴史ある中心街としても素敵です。ここでは珍しい博物館をご覧いただけますし、ゴシック城の遺跡を見る旅に出かけることもできます。斜めになった塔は「プトナ」と呼ばれ、イタリアのピサの塔ほど有名ではありませんが、その傾斜角度はほぼ同様です。

城、古い街と中世の宮殿

10世紀後期にすでに存在していた壮大なの館内では、ムラダー・ボレスラフ博物館の展示をご覧いただけます。街の最古の歴史を、中世の宮殿テンプルで学べます。ここでは相互的なマルチメディアプログラムを使って稀少な展示をご覧いただけます。子供には魅力的な考古学公園もあります。また絵が描かれたアーケードに囲まれた旧市街広場、またダビデ・スザライの金属製の作品で構成されたオリジナルの視聴覚パネルをご覧いただける、別名メタル・ストリートもお気に召すことでしょう。ムラダー・ボレスラフの興味深いスポットは全てご紹介しますが、観光客がよく見落としてしまう隠れスポットを是非探してみてください。

自動車博物館シュコダと他のお勧め

ムラダー・ボレスラヴァの人生は自動車シュコダの創始者、書店、才能のあるオーガナイザーでマネージャーのV.クレメント(1868–1938)と、才能のある技術者で設計士のV.ラウリンによって大きく変化しました。途絶えることなく製造して100周年の年に、この自動車工場は、元祖の工場ラウリン&クレメントを再修復した建物にシュコダ自動車博物館を誕生させました。ここでは工場を直に見学できるツアーもできるのです。

高い場所から見た街の景色は、市庁舎のそばの展望台から楽しめます。ちょっと変わった旅でのお勧めは、神話の宝物を探し求めていた人々が台無しにしたといわれるミハロフツェの城の斜めの塔です。ゴルフに目のない方は、18のホールコース、サンド・マーティンのホールを見逃すことはないでしょう。

お気に入り