リトミシュル

Litomyšl - chateau
12. 9. 2013

リトミシュルのハーモニーを体感する

ユネスコの世界遺産にも登録されている豪華な装飾の施されたルネサンス様式の宮殿、色彩豊かな町人住宅の町並み、ヨーロッパ最古の一つとされる宮廷劇場、世界的に有名な作曲家ベドジフ・スメタナの生地。これがリトミシュルです。この町の文化的価値はチェコ共和国の国境を越えています。観光客の目と耳を楽しませるこの町の物語をぜひひもといてみてください。

この町の最大の宝物はズグラッフィート装飾が施されたルネサンス様式の宮殿です。このリトミシュル城はルネサンス様式としてはアルプス以北の地域において最も美しい建築作品の一つに数えられています。近辺の修道院の庭園には、20世紀チェコの大彫刻家オルブラム・ゾウベクによる5体の石像彫刻や噴水が配置されており、クラシック音楽が静かに流れています。この庭園には青銅の魚の化石のレプリカがあり、伝説によるとこの魚をなでると心に秘めた願いが叶うといわれています。当地をご訪問の際にはこの魚をなでるのをお忘れなく。

歴史と現代の調和

リトミシュルの街を散策なさるときには、美術愛好家のヨゼフ・ポルトマンが住んでいた邸宅にぜひお立ち寄りください。ポルトモネウム(Portmoneum)と呼ばれる建物の壁や天井には色鮮やかで独特な絵画が描かれており、想像力を働かせながら鑑賞していると、伝説上の動物や天使と悪魔、天体などのモチーフを見つけることができます。ヒンドゥー教の経典もご覧になれます。ところで、リトミシュルは過去の遺産だけに依存しているわけではありません。市街地では歴史地区とうまく調和している現代的な建築物にも出会うことができます。わけても城館付属ビール醸造所や兄弟教団の新しい教会はぜひ訪れてみてください。

音楽と美食の祝祭

最高の文化イベントを体験するには6月末か7月初め頃にリトミシュルにお越しください。この時期この町は「スメタナのリトミシュル」というオペラ・フェスティバルを開催して、この町ゆかりの大作曲家ベドジフ・スメタナに敬意を表しています。魅力的なズグラッフィート装飾の壁に囲まれ、音響のすばらしい宮殿の中庭で行われるコンサートは、忘れがたい思い出になるでしょう。また、5月にはチェコの料理人として最高の名声を博した、マグダレナ・ドブロミラ・レッティゴヴァーの名を掲げる食の祭典が開催され、美食に舌鼓を打ちながら存分に味覚を満足させることができます。

その他の見どころ

リトミシュルをご訪問になって、なにも市内に留まり続けなければならないことはありません。少々足をのばして周辺一帯を小旅行するというのはいかがでしょうか。ヴェルカー・デシュトナーを最高峰とするオルリツェ山地は、サイクリングやハイキングには格好のロケーションになっています。ヨーロッパ大分水界が通るクラーリツキー・スニェジュニーク山に登るのもよいでしょう。また、都市景観に優れた町で、かつては「共和国のサロン」と呼ばれたフラデツ・クラーロヴェーにもぜひ足をお運びください。

お気に入り