レドニツェ保養地

11. 11. 2013

治療ケアだけでなく、レドニツェ=ヴァルチツェ地区のおとぎ話に出てくるように美しい景色もあなたを心身ともに癒してくれます。

貴族リヒテンシュタイン家の領土の本拠になっていたレドニツェ市には、おとぎ話に出てくるような城館と素晴らしい庭園を鑑賞でき、有名な治療の保養施設もあります。

関節、筋肉といった運動器官と循環器の治療を施すほか、短期間から長期間に至るまで、多数のリラクゼーション・プランとプログラムが用意されています。自然治療の主な源泉はヨウ素とブロムを含む水で、ヨーロッパでも絶好の評判を誇る1250メートルの深みからくみ上げます。ヨウ素が大気中に蒸発するため、沿岸水域よりヨウ素の濃度が高くなった珍しい微気候が発生します。

お気に入り