コリーン

30. 10. 2013

ポラビーにお越し頂き、壮大なゴシック教会、歴史のある鉄道輸送システムと素晴らしいアクアパークのあるコリーンを体験してください!

最も稀少なコリーンの歴史的建造物は、有名な建築家ペテロ・パルレージの作品、聖バルトロメイのゴシック教会です。彼はプラハ城聖ヴィート大聖堂の建築にも貢献しました。コリーン教会の鐘楼は、一般公開され展望台となっています。

教会、シナゴーグ、ギャラリーと博物館

市庁舎のある絵に描いたようなカレル広場や鐘楼のついた聖バルトロミェイのゴシック教会の他に、コリーンには、プラーホフの防御陣地のある今でも残る城壁の一部を直にご覧いただけます。歴史ある街の中心にはまたユダヤ人ゲットーの主要部分が残されています。その宝石とも言えるのはルネサンス式のシナゴーグで14世紀待つから15世紀にかけて建てられました。珍しい館内も是非ご覧ください!

ご自身の目で是非見ていただきたい名所には、昔の町立劇場のリハーサルスタジオに建っているコリーンの街のギャラリーや博物館です。先史時代のコリーンスコのドヴォジャーク博物館は考古学を取り扱っていて、チェルヴィンコフスキーの家にある展示場では当時の衛生管理や体のケアーに関するものを扱っています。

アクアパーク、列車の警笛と記念アトラクション

子供を連れてお出かけになるなら、コリーンにある多彩な水の娯楽を満喫できる地元のアクアパークをお勧めします。船旅をお好みなら、クモホヴォ島に停泊しているコリネアの船でラビ川を周遊できます。また、かつてポラビーでビートを収集していた狭駆鉄道の修復されたレールを走るエクスカーション列車に乗ってお出かけください。周辺の幾つかの場所は、オーストリアとプロシア王国間の1757年のコリーンでの戦闘を思い出させるものです;毎年記念式典が開催されます。クジェチョジ集落の丘の記念碑は、最も激しい戦闘が行われた場所です。

お気に入り