クラドノ

30. 10. 2013

炭坑の屋外博物館の工業産業のアミュージメントや、アドレナリン一杯のアクアパークのアトラクションはいかがですか?クラドノに是非お越しください!

プラハからクラドノまでの距離はわずかです。ここに見られる多くの場所は、昔、黒炭や炭坑が発見された時代を連想させます。工業産業の遺跡物はどこにでもありますが、その中でも歴史ある中心街や周辺にある多数の興味深いものをご覧になってください。

美術館、熊と城館公園

クレデンスコの製鉄所近くにある、昔の指導者の大邸宅ポルディナの別荘では、スラーデチュコヴ・ブラスティヴェドニー博物館の常時展示をご覧いただけます。ここでは先史時代から現代までの街の歴史を取り扱っています。歴史ある街には、街の要塞の遺跡を残した城館や城館公園もご覧いただけます。地元の呼び物として2匹の熊が飼育されている小さい熊の館は、リラックスできる素敵なスポットです。

クラドノの歴史を探究してください!

1997年まで木炭を採掘していて、現在は保護遺産に指定されているマイラウ炭坑の敷地に、オリジナルの炭坑オープンエアー博物館が誕生しました。今では使用されていない炭坑の建物はどれも、まるで昨日探鉱者が去っていったかのようです。昔の炭坑機械の他、ここでは展望台や工業アートを扱ったギャラリーをご覧いただけます。

お勧めの場所?

水を使ったアトラクションを好きな方にお勧めは、多様なスタイルの楽しみ方のできるアドレナリン一杯のウォーターアトラクション・スペースボールがあるクラドノのアクアパークです。暑い日には、バジャントニツェのプールスレティシュケのプールでもリフレッシュできます。町立スタジアム・スレティシュケの敷地内にはトランポリン公園、多目的パークやインラインスケート用ロードもご利用いただけます。ちょっとしたお出かけに人気のある場所は、美しい池や動物のいる水公園チャバールナ、旅行客向けのレストラン、コジョヴァ山の展望台、ザーコラニのブトチェにある聖ペテロと聖パウロのロトゥンダです。ここに千年以上も建っていて、チェコで今でも残存している最古の建物です。

お気に入り