イフラヴァ

29. 10. 2013

イフラヴァの地下の秘密を探って、有名な音楽作曲家グスタフ・マーラーの育った家を訪れてください!

今日のイフラヴァは ヴィソチナ地方の現在の中心地ですが、過去にはクトナー・ホラと並んでチェコ王国の銀の宝庫と呼ばれていました。見学するのにお勧めなのは、格子状に配置された通りのある歴史のある中心街、地下廊下の迷路や素晴らしい動物公園です!

是非ご覧頂きたいもの

通路が全長25mにもなるイフラヴァの地下は、中世時代、地下室が相互に連結されることによって誕生しました。規模と高度において通路は、中心広場周囲のほぼ全ての家と連結して、18mの深さまで及びます。イフラヴァの地下迷路は、特に秘密のリン光を発する通路として有名になりました-ガイドがライトを消すと、その壁が神秘的に輝くのです。

知っていただきたい人物

イフラヴァとその周辺地域に関連づけられるのが音楽作曲家グスタフ・マーラー(1860–1911)の生涯の運命です。マーラー一家が近隣集落カリシュケから移ってきた住宅での展示は、彼の家族や子供時代を紹介しています。彼の作品のインスピレーションの源ともなり、後の街との関係にも影響しています。1939年に焼けてしまったシナゴーグ、そしてマーラーの家族や親戚が埋葬されているユダヤ人墓地のあるグスタフ・マーラー公園も訪れてみてください。

旅行家の楽しみ

イフラヴァの中心から少し離れたところ、イフラーフカ川の森林公園に、猫科の動物や猿、は虫類の飼育を特徴とした柵のない動物園があります。水のお好きな方は、アクアパーク・水の楽園にお越しください。また自転車の乗ることがお好きな方は、オーストリアまでの遠距離サイクリングロードを楽しむことができます。イフラヴァからラアブサン・デア・タヤの街までは約110kmで、ほぼ3分の1のコースが安全な歩道で整備され、サイクリスト、インライン・スケートや歩行者向け限定の道になっています。

お気に入り