フラデツ・クラーロヴェーの“共和国のサロン”を散策

Hradec Králové - Museum of East Bohemia
14. 8. 2013

フラデツ・クラーロヴェーの“共和国のサロン”を散策

フラデツ・クラーロヴェーは、2つの顔を持っています。1つ目は、大広場にある歴史ある5つ並んだの塔姿です。2つ目の顔は、20世紀初頭以降に建てられた、モダンでユニークさがある第一共和国の当時の楽観的な雰囲気がある姿です。2つの世界を散策しながら、地元のカフェに座って、機能主義とキュビスム様式で建てられた宮殿の光と影の世界をご堪能ください。 

この東ボヘミアの大都市の中心地は、大広場です。一見したところ、チェコでは珍しいレンガで造られた聖霊教会の荘厳な塔のペアが見えます。そのすぐ隣には白塔があり、塔の一番上からは市内の壮大な景色が一望できます。街の散策中にちょっと気分転換をしたい時には、地元の醸造所へ立ち寄ってみてください。

現代絵画の名作

フラデツ・クラーロヴェーを訪れた際は、モダンアートギャラリーへ是非足を運んでください。20世紀の現代チェコの芸術において、チェコ共和国でも最大規模を誇るコレクションの中には、アール·ヌーヴォーの天才アルフォンス・ミュシャ、近代絵画の達人フランティシェク・クプカや、素晴らしいキュービズムの作品を残したエミル・フィラなどの巨匠の作品を見ることができます。

スフィンクスの監視の下で

エレガントなアールヌーボーと機能主義の精神により、現代的なフラデツ・クラーロヴェーの姿が作られており、これらは世界的に有名な建築家ヤン・コチェラとヨゼフ・ゴチャールの作品によるものです。彼らの斬新な都市デザインは、いまだに賞賛を鼓舞しており、“共和国のサロン”というニックネームが付けられています。アールヌーボー様式の建物がすばらしい東ボヘミア博物館は、入り口を2体のスフィンクス像によって守護されています。フラデツ市の最大の誇りは、チェコスロバキアの初代大統領T・G・マサリク像が象徴として置かれている、レモンをカットした形のマサリク広場です。

ピラニアを眺めながらのにコーヒーブレイク

お子様連れの方には、巨大な水族館がお勧めです。魔法の世界にいるかのように、中央ヨーロッパから極東アマゾンの世界へ瞬間移動します。熱帯雨林のエキゾチックな水の世界を堪能しながら、水槽のトンネルをくぐり抜けてみましょう。見学が終わった後は、スタイリッシュなカフェ・ピラニアで一息つくことができます。 

お気に入り