ドブジーシュ

Dobříš Chateau
29. 10. 2013

素晴らしいロココ様式の城館ツアーや有名な作家カレル・チャペックのサマーハウスを是非訪れてください!

ドブジーシュに訪れる人々は大抵、フランス庭園とイギリス公園のあるロココ様式の城館をお目当てにやってきます。美しく広大な山を求めて、周辺はハイキングやサイクリストの愛好者に人気のある場所です。それだけではなくここでは有名な作家K・チャペックの足跡をたどることもできます。

フランスの魅惑の漂う旅

観光客の目を最も引きつけるのは、テラスのあるフランス庭園がある魅了的なマンサード屋根のロココスタイルの城館です。丁寧に刈られた西洋つげのブロデリエや花の装飾のあるこの場所は、チェコで最も美しい城館庭園の一つになっています。庭園や歴史のある館内の他、絵画のギャラリー町立博物館の展示や広大なイギリス庭園もあります。城館に宿泊することも可能で、フィットネスやマウンテンバイクのレンタルといったサービスもご利用できます。

ドブジーシュ近郊のチャペックの峡谷(ストルジュ)を訪れてください

ドブジーシュから少し離れたスタラー・ストルジュの池のダムの下に帝国様式の大邸宅があります。そこが、作家、演劇作家で記者のカレル・チャペクの記念館です。オルガ・シェインフルゴヴァーと結婚した1935年に、まれに見る建物寄贈としてこの家をもらいました。ここストルジュには3年しか滞在しなかったのもの、チャペクはここで山椒魚戦争白い病気探鉱者の最初の一団、北部への旅やその他の作品を執筆しました。ここで田舎、キノコ狩り、絵に描いたような自然を満喫し、広大な庭園の修復にも貢献しました。家以外に、周囲で気持ちのよいほっとできる隠れスポットを探したり、作家が友人たちと散歩した街を散策したりできます。その中にはヴェルトルニーク山頂の北の端の街にあるユダヤ人墓地もあります。

お気に入り