ラベ・サイクリングロード

Gateway to Bohemia - Porta Bohemica
11. 2. 2014

ラベ川沿いの冒険

ラベ・サイクリングロードは、ドイツのエルベ・サイクリングロードから続いているサイクリングロードです。エルベ・サイクリングロードはドイツで最もよく利用されているサイクリングロードの一つで、ユーロヴェロと呼ばれるヨーロッパのサイクリングロード網の一部分を形成しています。チェコ国内の370kmにおよぶコースは、肥沃な盆地や山中の谷を経てクルコノシェのラベ川源流まで続いています。また、古都フラデツ・クラーロヴェー、ニンブルク、スタラー・ボレスラフなどの町を通っています

ラベ・サイクリングロードは川沿いに走っているため、お子様連れの家族を含め、あらゆるタイプのサイクリストに適しています。きつい上り坂がないので、特に長距離を旅行するサイクリストに人気があります。また、ロードレーサータイプでも、トレッキングバイクタイプでも走ることができます。

岩の芸術の間をサイクリング

サイクリングは、おとぎ話のような砂岩と松林の世界であるボヘミアン・スイス地方、ラベ砂岩地帯から始まります。この国立公園内には、他のサイクリングコースも整備されています。国境のドイツ側に広がる温泉町バト・シャンダウに通じるコースもあります。ここで1泊、または休憩したあと、ディェチーンへ向かいます。

ディェチーンでは城館へと続くドロウハー・イーズダを走ってみましょう。そして、ルージョヴァー庭園で休憩し、疲れを癒してください。ラベ砂岩地帯が尽きると、ボヘミア中央山地(チェスケー・ストシェドホジー)の火山地帯に入ります。ウースチー・ナド・ラベムに着くと、町の新しいシンボル、マリアンスキー橋が迎えてくれます。チェコ門、またはポルタ・ボヘミカを通ってみるのも一興です。4kmの渓谷ルートでサイクリングの腕試しをしてみてください。

ボヘミア中央山地地方の旅

ラベ川に沿って進むと次にリトムニェジツェに至ります。ラベ川とオフジェ川の合流地点に開けたチェコで最も古く美しい町の一つです。ここからは要塞都市テレジーンに立ち寄るか、または川沿いに進んでヴィエドミツェで川にかかる橋を渡り、ロウドニツェ・ナド・ラベムに至ります。近くには伝説の山ジープがあり、円形建築の教会がそびえる頂上に登れば、すばらしい展望が楽しめます。ラチツェのボートクラブの横を通る快適な道を、シュチェチーまで進みます。

道標を確認し、迷わないように

ルートの完走には、道標の確認が大切です。ラベ・サイクリングロードのチェコ国内の区間は、黄色いブリキ板に黒い数字を記した、国内で一般的に用いられているサイクリングロード標識によって導かれています。ドイツ国境からムニェルニークまでは2番、ムニェルニークからヴルフラビーまでは24番で表示されていますが、ヴルフラビーからシュピンドレルーフ・ムリーンまでは表示がありません。最後の区間ではローカルの表示を頼りに、ラベ川源流まで行けます。

お気に入り