バチャ運河サイクリングロード

23. 9. 2013

バチャ運河沿いのサイクリングを楽しむ

歴史的運河であるバチャ運河沿いのサイクリングロードは人気観光アトラクションの一つです。難易度の高くない地形は年少のサイクリストも楽しむことができます。クロムニェジーシュとホドニーンの二つの町を結ぶルートは全長56キロあり、いろいろなアトラクションも用意されています。バチャ運河沿いのサイクリングを楽しみながら、ナパイェドラ種牡種繁養牧場やモドラー、あるいはウヘルスケー・フラヂシュチェなどの魅力に触れてみてください。

バチャ運河の位置するモラヴィア=スロヴァキア地方は、2011年、卓越した欧州の旅行先に贈られるエデン賞(European Destination of Excellence)を受賞しています。後に世界的に有名になる靴のブランド、バチャの創業者で産業界の大立者のトマーシュ・バチャが思いをめぐらせていたモラヴァ川の治水が実現したおかげで、サイクリングに格好の地域が生まれたのです。

13の閘門、23の橋、無数の体験

バチャ運河沿いのサイクリングロードは、ほとんど平らな地形なので快適なサイクリングをお楽しみになれます。コースは13基の閘門を順にたどりながら走ります。閘門付近では典型的なバチャの社宅建築の閘門操作室を訪ねることもできます。バチャ運河には多くの可動堰と23基の橋があり、岸壁と橋脚付近の堤には係留の便のために手すりを設けてあります。

自転車と船の絶妙の組み合わせ

ペダリングに疲れたときは、船着場で自転車を船に積んで船で旅を続けることもできます。この方式で中長距離の旅行を計画するのもよいでしょう。ブフロヴィツェ城、モドラーの考古学博物館、ブフロフ城など周辺の名所をめぐってみてください。バチャ運河沿いでは神秘的な河畔の風景や鳥類保護区域の景観を楽しむことができ、さらに自然遊歩道と自然保護区なども設けられており、最上のサイクリングを満喫することができます。

ワインの里や穏やかなモラヴィア=スロヴァキア地方をめぐるサイクリング

モラヴィア=スロヴァキア地方は、バチャ運河のほかにもペトロフの人気ワインセラーめぐりや極上のモラヴィア・ワイン、ストラージュニツェの民俗フェスティバルなどで観光客にアピールしています。歴史都市ウヘルスケー・フラヂシュチェ、ナパイェドラの温泉街と種牡種繁養牧場、それに「ハナー地方のアテネ」の愛称を持つクロムニェジーシュにもぜひお立ち寄りください。

お気に入り