チェコの音楽イヤーと関連した博物館

National Museum
Download guides and brochure
6. 1. 2014

チェコのクラシック音楽の天才たち-ドヴォジャーク、スメタナとヤナーチェク-プラハとブルノの博物館の祭典。

2014年は有名な記念式典で満載です。チェコではクラシック音楽の天才たちの生誕や没後を記念します- アントニーン・ドヴォジャーク、ベドジフ・スメタナ レオシュ・ヤナーチェクです。チェコの博物館もこの3人の最も有名なチェコの作曲家をもちろん取り上げます。この畏敬の念を新しい特別の祭典で表現するのです。

チェコ音楽イヤー

プラハ国立博物館チェコ音楽博物館は、2014年チェコ音楽イヤーとして2つの「現象」を展示します。全音楽作曲家の作品に直接的にも間接的にも影響を及ぼした現象、政治です。世界史上のある時代には重ね合わされたテーマです。

チェコ音楽博物館はプラハにあり、人間-楽器-音楽の展示鑑賞を楽しめます。展示では音楽楽器を職人技の証拠として紹介しています。春にはここで芸術における死をテーマとした展示会が開催されます。国立博物館の大規模なシリーズの展示で、死という現象を音楽や芸術における最も強力なインスピレーションの源の1つとして紹介します。楽譜、演劇舞台、画家のキャンバスや映画のドラマに登場する死に対する芸術家の表現を通じ、死は人間に共通する生命の一部であるという考えにたどり着くかも知れません。

政治と音楽-関連性は?

春に国立博物館で催されるもう一つの展示は、その名を「音楽と政治」と題して、ヴィートコヴェの国立記念館で開かれます。展示ではフランス革命から現代までの音楽と政治の関係を詳しく知ることができます。政治家がいかに巧妙に音楽作品を利用し、影響また変形させたかを知ることができ、政治のプロパガンダの道具として使われる音楽、政治のプロテストの道具としての音楽、それに集団としての自我同一性の形成の道具としての音楽を紹介します。展示ではまた、いかに政治権力が音楽を利用して、社会条件に影響させてきたか、また影響しているかをご覧いただけます。

ドヴォジャーク、スメタナと彼らの博物館

国立博物館は2つの博物館を修理中です。プラハのヴィノフラディにあるアントニーン・ドヴォジャーク博物館で、この偉大な作曲家のファンは「アントニーン・ドヴォジャークの人生」と題する常設展示をお楽しみいただけます。展示ではドヴォジャークが行ってきた道のりに焦点を当てています。プラハのベドジフ・スメタナ博物館では現在このリトミシュルの出身者に焦点を当てた、第3回目の常設展示が開催されています。すでに15年一般公開されていますが2014年には模様替えが計画されています。

伝統のあるチェコの製造品-ピアノ

ペトル・オフ(PETR OF)は、現代におけるヨーロッパで最大の歴史を持つピアノとアップライトピアノの製造会社です。今年は1864年に東部チェコの フラデツ・クラーロヴェーにこの工場が登場して150周年になります。今日工場は再びPETR OFの家族の手に渡り、音楽楽器の製造は変わらず同じ場所で行われています。2013年11月の記念式典にペトル・オフ(PETR OF)博物館が誕生しました。この博物館の鑑賞とピアノとアップライトピアノの製造見学は同時にお楽しみいただけますが、事前に予約が必要となります。

お気に入り