イベント満載の夏~映画祭から伝統行事まで

ガイドとパンフレットをダウンロードする
23. 9. 2013

四季を通して退屈知らずのチェコ。映画スター、伝統衣装に身を包んだ人々の行進、それにビールにワイン。各地でイベントが続くチェコの夏を満喫してください。

世界各国の映画の最新情報に敏感で、有名なカルロヴィ・ヴァリ映画祭の開催時に当地を訪ねて街の雰囲気を楽しみたい方も、絢爛豪華な中世の行進や娯楽が再現される各地の伝統行事に興味をお持ちの方も、まずはお望みのイベントをお選びになって、チェコの夏の懐に飛び込んでください! 

映画界の一端を垣間見る

今年のカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭は6月28日に開幕しますので、ご来訪を予定されている方はお急ぎください。映画祭では毎年数多くの最新映画を上映しており、開催地のカルロヴィ・ヴァリには全世界から数多くの著名な映画スターがやってきます。特に今年はぜひともお越しください! 

中欧で最も権威あるこの映画祭に間に合わないようでしたら、観光振興映画際・ツアーフィルムの見学はいかがでしょうか。こちらもカルロヴィ・ヴァリで開かれる映画祭で、この地には熱心な旅行者が集まります。

夏らしく多彩で楽しく趣向に富んだ伝統行事

チェコの伝統行事の魅力を存分に堪能するのにテルチの壮麗なルネサンス風広場に勝る場所はありません。毎年8月中旬にはフラデツのザハリアーシュとヴァルトシュテインのカテジナにちなむ伝統的なお祭りが行われます。お祭りの開催期間中テルチの街はいっそう輝きを増します。9月の初めに行われるフラデツ・クラーロヴェーエリシュカ女王祭では、それに9月中旬の南ボヘミア地方のターボルでも、伝統衣装に身を包んだ人々の壮麗なパレード、工芸市、演劇や剣劇などの出し物、花火などをお楽しみになれます。そのターボル交流フェスティバルは参加者を、フス派の指導者トロツノフのヤン・ジシュカがこの町を治めていた時代に連れて行ってくれます。歴史をテーマにしたご当地グルメや極上のハチミツ酒もご賞味ください。  

ヴァルトシュテイン、ナポレオン、屈強なハイランダー

8月にヘプで行われるヴァルトシュテイン祭の際には三十年戦争とアルブレヒト・フォン・ヴァルトシュテイン(ヴァレンシュタイン)公爵の時代にまで時間を遡ったような気になります。この行事の呼び物の一つが、1634年にこの地で謀殺される前のヴァルトシュテインの最後の日々を演劇で再現する出し物です。一方、1805年のアウステルリッツの戦いにおけるナポレオン皇帝はそのような悲遇にはありませんでした。毎年8月中旬にスラフコフ・ウ・ブルナ(ドイツ語でアウステリッツ)のバロック様式の城館と庭園で行われる行事、ナポレオンの日々ナポレオンの誕生日を祝います。毎年8月末に情緒溢れるシフロフ城で行われるハイランドゲームズは、チェコの他の場所では見られない珍しい催しです。これは、スコットランドの高地からやって来た男性集団がタータン(個性的な格子柄)のキルトに身を包み、スコットランド舞踊と伝統音楽を紹介するもので、コンテストも行われます。ぜひ本場のスコッチ・ウィスキーもご賞味ください。

やっぱり夏にはビールとワイン

ビールにもワインにも口もつけずにチェコを旅行するというのはあまり考えられません。ビールやワインにこだわりをお持ちの方はもちろん、子供や大人向けの楽しいコンテストやイベントがお好きな方も、ぜひ7月の ハラホフのビール祭りの会場へ足をお運びください。このビール祭りは、クルコノシェ地方に位置する山地町ハラホフ地ビール醸造所を付設した歴史的なガラス工場の構内で行われます。8月にプルゼニュで開催されるビール祭り・ピルスナー・フェストにお越しの際には有名ブランドのピルスナー・ウルケルとガンブリヌスのビールをお飲みください。お祭りの一環として プルゼニュのビール工場の構内ビール醸造博物館、それに歴史的な地下施設もご見学になれます。

ワインの方を優先させたい方には、ぶどう収穫祭巡りがお勧めです。ムニェルニークのぶどう収穫祭カルルシュテインのぶどう収穫祭ズノイモのぶどう収穫祭ミクロフパーラヴァぶどう収穫祭プラハ聖ヴァーツラフぶどう収穫祭またはチェスキー・クルムロフ聖ヴァーツラフ祭など多くの機会がありますので、ぜひ現地まで足をお運びください。

お気に入り