チェコの2014年温泉シーズン

Luhačovice
ガイドとパンフレットをダウンロードする
30. 4. 2014

チェコの温泉は、今年も例年通り、5月初頭にシーズン開幕を迎えます。歓びとエレガンスに満ちたこのイベントをどうぞお見逃しなく。

春たけなわ、休養とリラクゼーションの季節です。今年は、力を再生させて家に戻れる、そんな休暇を計画してみませんか?休息とウェルネスの世界に全身で浸ることのできる、伝統と高い評価を誇るチェコの温泉を是非お試しください。

西ボヘミアの熱き源泉

 カルロビ・ヴァリ 656回温泉シーズンは、5月2~4日の週末に、春祭りと結びつけた伝統行事でスタートします。セレモニーの中心はパレードと温泉水の聖化。パレードは、馬に乗った町の創設者、カレル四世を筆頭に町を進んでいきます。各行事は、T.G.マサリク通り、町の中心部・サーマル・ホテル前、ムリーン・コロネード、小ベルサイユ公園、あるいはグランドホテル・プップ前など、町の至るところで行われます。祭りの一環としてはコンサートや、手工芸市など様々なイベントが予定されています。また名物の温泉ウエハースの試食もお忘れなく!

 ホテル・カールスバード・プラザ にお泊りの方には、今年から新たな療養コンセプト「オール・インクルーシブ」をお試しいただけます。これは新たな温泉スイートルームを活用したもので、これらスイートは、それぞれバスルーム付きのベッドルーム、様々な入浴方法に対応したマルチ機能バス付きのベッドルーム、マッサージ・ルーム、リクライニング・ベッドとテレビのついたリラクゼーション・ルームなどを備えています。 

  マリアーンスケー・ラーズニェ は、今年第206回シーズンを迎えます!5月9~11日の週末に行われるオープニング・イベントの中心は、伝統的な温泉聖化式、すなわち温泉開きです。春の源泉聖化式は、古代のキリスト教伝来以前の習慣、泉開きの式に由来しており、当時と同様現在も、これら自然源泉の活力と治癒力の維持を象徴的に祈願するものとなっています。今日、温泉聖化は主として社会的な行事となっており、ここマリアーンスケー・ラーズニェでは、手工芸市、チャリティー・ゴルフあるいはテニス・トーナメント、鷹匠のショー、様々なコンサートなどが行われています。

 その一週間後、5月18、19日には、フランチシュコヴィ・ラーズニェでも新しい温泉シーズンがスタートします。今年は町の創設220周年記念の年にあたるので、例年に増して盛大な催しとなることが予想されます。イベントの伝統行事としては、源泉聖化式、プロムナード・コンサート、バトン・ガールや剣士のショー、あるいは町のパレードなどが行われます。また休養、リラクゼーション、マッサージ、サウナなどをお望みの方には、当地のアクアフォーラムがお勧めです!

イェセニーク山地のホット・スパ

 カルロヴァ・ストゥダーンカ は、200年の伝統を誇る温泉町。イェセニーク 山中、海抜800メートルのところ、ビーラー・オパヴァ川の流れる美しい渓谷に位置し、山の自然に囲まれたこの町は、中央ヨーロッパで最も空気のきれいな温泉町としても知られています。ウォータースポーツ・ファン向けには、当地の「レトニー・ラーズニェ(夏の温泉の意)」の建物内に最近オープンした、温泉プール(水温32~34度)&ウォーター・セラピー・センターがお勧め。ここにはプールの他、乾燥・湿潤両方の環境におけるリラクゼーションが体験できるテピダリウム、そしてフィンランド式サウナもあります。ユニークな設備としては、温泉療法により暖められた体を冷やすことを目的とした冷却要素が挙げられます。もちろん典型的な温泉療法、入浴、マッサージ、ピート(泥炭)トリートメントなどもお楽しみいただけます。

ルハチョヴィツェ ― モラビアの宝石

 ルハチョヴツェは、チェコ国内で4番目に大きく、300年以上の伝統を持つ温泉町です。前世紀初頭の穏やかな雰囲気をテーマとした今シーズンは、5月9~11日の週末に開幕を迎えます。オープニング・イベントとしては、アールヌーボーのコスチュームや色とりどりの民族衣装、クラシック・カー、コロネード・コンサート、その他ご家族全員で楽しめる様々なプログラムをご用意しております。また温泉では今年、「背中と間接のリジェネレーション」あるいは「療養&ウェルネス」といったスペシャル・パッケージ・サービスもお試しいただけます。お子様とご一緒の場合には、新しくオープンした子供用ロープ・センター「海賊の入り江」が、少なくとも数時間は子供達を遊びに夢中にさせることでしょう。

お気に入り