チェコの最も有名な音楽作曲家をご覧ください

Dvořák's Olomouc
ガイドとパンフレットをダウンロードする
13. 1. 2014

クラシック音楽の天才ベドジフ・スメタナ、アントニーン・ドヴォジャークやレオシュ・ヤナーチェクをどれくらいよくご存じでしたか?

2014年は幾つかの有名な記念すべき都市です:ベドジフ・スメタナ生誕190周年、アントニーン・ドヴォジャーク没後110周年、それにレオシュ・ヤナーチェク生誕160周年です。彼らの生涯をちょっと垣間見てみませんか!

聴覚障害を持つチェコ音楽の天才ベトジフ・スメタナ

ベドジフ・スメタナは、1824年3月2日にリトミシュルのビール醸造者の11番目の子供として誕生しました。5歳の時にはすでに四重奏団のヴァイオリンを演奏し、1年後にはピアノ、そして8歳の時には自分の曲を作曲しました。音楽を勉強しにプラハに移り、そこでトゥン(Thun)公爵の家庭教師として働きました。1856年にスウエーデンのゲーテボルグに移り、そこで教師、指揮者、ピアノの巨匠となりました。

1874年にスメタナに不幸が降りかかりました。当時原因不明の病気におかされ、聴力を失ったのです。その後彼の最高の作品の多数が生まれました-「フビチェクのオペラ」、「秘密」、「悪魔の壁」、「2つの弦楽四重奏曲」、「ピアノの夢のサイクル」と「チェコの踊り」、室内楽団の作品の数々、そして5年の月日を要した「我が祖国」シリーズで締めくくられました。その後スメタナの体調は急激に悪化し、プラハ精神病院に入ることを余儀なくされ、1884年5月12日にその生涯を閉じました。

この最も有名なリトミシュル生まれの天才を、毎年夏、2番目に歴史のあるチェコの音楽祭-スメタナのリトミシュルで記念し、今年は613日から76まで開催されます。メインプログラムには、オペラ劇、祝祭コンサート、カンタータや音楽の夕べなど盛りだくさんで、多彩なプログラムにはバレエ、またプロメナードコンサートなどもお楽しみいただけます。

熱烈な気質の奇人アントニーン・ドヴォジャーク

アントニーン・ドヴォジャークは1841年9月8日、ネラホゼヴェスで生まれ、そこで少年時代を過ごしました。音楽はすでに幼少のアントニーンを魅了し、ヴァイオリン、ピアノやオルガンを演奏しました。経済的支援をしてくれた叔父のおかげで、ドヴォジャークはプラハに移り、オルガン学校で学びました。

最初の成功は1877年に訪れました。この年にドヴォジャークの作品は当時の有名な作曲家ヨハネス・ブラームスの目にとまったのです。アントニーン・ドヴォジャークはしかし1カ所にとどまり、まじめに芸術に励むタイプではなく、熱烈な気質でちょっと変わった奇人とみなされていました。とても変わった洋服を好んでまとい、ワイシャツの袖口に考えを書き留めました。住居を変えるのを嫌がり-全生涯同じ住所でした。唯一引っ越しを余儀なくされたとき、1つ上の階の大きめの家に引っ越しました。

彼は旅行を大変敬遠していたため、彼は1892年にニューヨーク音楽学校の校長の役を引き受けたときは驚きでした。アメリカ合衆国での生活からえたインスピレーションを元に書かれたのが、9シンフォニー-「新世界」です。プラハへの帰国後、新たに創設されたチェコ交響楽団で指揮を努め、音楽学校で教授し、交響曲詩やオペラ-「ヤコビーン」、「悪魔とガチョウ」、「ルサルカ」を作曲しました。1901年のドヴォジャークの60歳の誕生日は国家の祭典とされました。当時の皇帝フランチシェク・ヨゼフ1世は彼に公爵の位を与え、彼をウィーンの帝国行政機関の貴族議会の一員と命名しました。

ドヴォジャークの作品はおよそ120の音楽作品で、その大部分は大オーケストラ、口頭-器楽の、また音楽的ドラマ作品です。これらを毎年国際音楽フェスティバルドヴォジャークのオロモウツ,で鑑賞でき、2014年には430日から524日まで開催されます。オロモウツでアントニーン・ドヴォジャークは主に1888年から98年にかけて活躍しました。美しい音楽でコーラス・ジェロティーンと共に共演したのです。

モラヴァ民謡の愛好家レノシュ・ヤナーチェク

レオシュ・ヤナーチェク185473フクヴァルディに生まれました。11歳の時父は勉強のためブルノに送り出し、その後プラハそしてウィーンと転々としました。勉強後再びブルノに戻り、オルガン学校の校長になり、指揮者として活躍し、またとても早くから作曲家としてのキャリアを開始しました。とても熱心に民謡学問や民謡収集に従事し、チェコそして世界現代音楽の最も著名な創設者の一人となりました。ヤナーチェクのオペラは、現代において、多大な評価を受けて世界各国で演奏されています。

並木道の樫、トチの木、シナの木のある地元の公園には、有名なレオシュ・ヤナーチェクのオペラを記念して「リシュカ・ビストロウシュカ」(ずるがしこい狐)の記念碑が建っています。この美しい場所でまた毎年国際音楽フェスティヴァル ヤナーチェクのフクヴァルディ.のメロディーを聴くことができます。今年は7月2日から20日まで開かれます。フクヴァルディの集落では有名な作曲家の記念館を訪れることもできます。よく保存されているヤナーチェクが生きた時代の内装の記念館です。ここで彼の生涯と作品について全てを知ることができます。

お気に入り