2014年に開催されるコンサートと祭典

Smetana's Litomyšl
ガイドとパンフレットをダウンロードする
27. 12. 2013

2014年は音楽の年になります。どの音楽の宝石でチェコは貴方を虜にするでしょうか!

スタジアムを拍手喝采で沸き立てる一流の歌手やバンド、誘惑的な声の室内楽アーテスト、その全てをライブでそして特にプラハやその他の街で楽しめます。今年2014年は誰がお目当てですか?

ニューイヤーコンサート-廃らない伝統

チェコの音楽イヤーはまれに見る文化イベントで、チェコの文化舞台に、西暦の末尾が4で終わる年に登場します。1924年以来、定期的にチェコ音楽の有名な人物を記念しています、特にクラシック音楽の作曲家ベドジフ・スメタナ(1824–1884)、アントニーン・ドヴォジャーク(1841–1904)とレオシュ・ヤナーチェク(1854–1928)の3人です。プログラムは伝統的にニューイヤーコンサートとして開幕し、チェコや海外の街々で同時に開催されます。その中で最も有名なのが、1月1日夜8時 プラハルドルフィヌムドヴォジャークホールで開かれるチェコ交響楽団のコンサートです。有名なメゾソプラノ歌手マグダレナ・コジェナーやバイオリン奏者ヨゼフ・シュパチェックも登場します。オロモウツで開かれるチェコ音楽イヤーのモラヴァ交響楽団によるニューイヤーコンサートは1月9日に開催され、ここでオロモウツのモラヴァ劇場のソリストらのコンサートを楽しめます。

チェコがクラシック音楽で沸き立ちます

チェコの文化にはクラシック音楽が書かせません。その証拠として多数の祭典やコンサートが開かれます。国際音楽の祭典「プラハの春」は、1946年に誕生し、それ以来、レオナルド・バーンシュタイン、ルチアノ・パヴァロッティやマグダレナ・コジェナーといった共鳴する名前をこの祭典に登場してきました。今年は5月12日から6月2日まで開かれ、チェコの音楽イヤーにも関連し、特にベドジフ・スメタナやアントニーン・ドヴォジャークの作品が取り上げられます。

オペラの祭典スメタナのリトミシュル「プラハの春」に続きチェコで2番目に歴史のある祭典で、同時にクラシック音楽の最大のチェコの祭典の1つです。トップレベルの多数のオペラを今年は6月13日から7月6日までの期間、東部チェコのルネサンスの宝石とも言われるリトミシュルの城館を舞台にお楽しみいただけます。

全ての方に人気のある音楽

新年は音楽業界のトップスターを惜しみなく満喫できます。29にはすでにプラハに20世紀の音楽の天才エンニオ・モリコンが登場します。「今度は東へ」や「ミッション」の映画からカルト的音楽も期待できます。モリコンはコンサートで交響楽団の指揮を担当し、ソリストの歌もお楽しみいただけます。

最新のO2アリーナは2014年には超満員になります。プラハにまさに11年ぶりにロビー・ウィリアムズがやってくるのです!4月26にここで新スタジオアルバム「スウィングス・ボス・ウェイズ(Swings Both Ways)」を披露します。同じ会場でジャスティン・ティンバーレイクが数日後、63日にコンサートを開きます。

夏の祭典は若者だけのものではありません

今年の音楽の祭典はその多様性とレジャー感覚の雰囲気で魅力一杯です。最大のチェコロックフェスティバル「ロック・フォア・ピープル」は、伝統的にフラデツ・クラーロヴェーで7月の最初の週末に開催されます。主催者は、ファンを魅了させる名前がチェコ以外からも多数登場すると約束しています!

7月の17日から20日までオストラヴァの中心 –特にドルニー・オブラスト・ヴィートコヴィツ –が、カラーズ・オブ・オストラヴァフェスティバルの一環で大規模なコンサートホールに変わります。去年の最大の祭典の目玉はバンド「Sigur Rós」、 「The xx 」や「The Knife」でした。もちろん主催者はこの素晴らしい祭典のレベルを今年も保ち、ジャス、ワールド・ミュージック、ロックインディやオルタネイティヴ音楽などのジャンルから数多くレベルの高い名前が登場します。

お気に入り