ムニェルニークのシャトーレストラン

22. 8. 2013

レストラン・ザーメツカー- ムニェルニーク:ロプコヴィツ家の食事

遥か昔ムニェルニーク城は、ボヘミアの王や侯爵の未亡人達の住まいとして利用されていました。伝説によると、女王ルドミラもここに住んでいたとのことです。後に、この地を治めた当時のロプコヴィツ家の貴族達が、一体どんな食事をしていたかご存知でしょうか?是非、レストラン・ザーメツカー(Zámecká restaurace )で、ルドミラ女王風のキノコリゾットを、白ワインと一緒にお召し上がりください。または、鹿肉に香り付けで入れられた強い蒸留酒スリヴォヴィツェとプラムソースに、オーブンで焼いたジャガイモの付け合せをお楽しみください。デザートには、リンゴとバニラソースが入った伝統的なパイに、シナモンのホイップクリームがかかったものがお勧めです。これ以外にも、城内にあるケーキ屋さんには、いろいろなデザートをお召し上がり頂けます。ロプコヴィツ家の名は、レストランでも味わえる有名な地ビール“Lobkowicz”だけでなく、伝統あるワイン生産地としても良く知られています。是非、城のワインセラーとワイン関連の展示もお楽しみください。

お気に入り