森のペンション・ブンチ

22. 8. 2013

森のペンション・ブンチ - 過去の足跡

この森のペンション・ブンチ(Bunč)は、栄光の時代そして、衰退した時代を経験しており、その激動の歴史の雰囲気をお楽しみください。 ここは1924年から巡礼者達に利用され、その後1930年代に、著名な実業家トマーシュ・バタが、ブンチを直接つなげるチェコで最初の高速道路プロジェクトを計画したため、工事期間中、観光客が遠ざかってしまいました。 1945年にナチス軍がブンチを焼き払い、建物は戦後再建されました。ペンション・ブンチの一部と成っているのが、レストラン・イェリーネク(Jelínek)です。このレストランには暖炉があり、地元の人達は、ディルソースがかかった鯉のグリルを、有名なスリヴォヴィツェ(梅の蒸留酒)と一緒に堪能しています。  

お気に入り