クトナー・ホラの王立銀遊戯祭

20. 6. 2015 - 21. 6. 2015

ゴシックの祭典で王の炭坑の街クトナー・ホラの有名な伝統を回想します。

多彩で陽気なゴシック風の祭典が当地クトナー・ホラの観光シーズンをオープンします。ユネスコ遺産に登録された街です。ボヘミア王ヴァーツラフ4世が王妃のゾフィー・フォン・バイエルン、家来や廷臣を連れて町にやってきます。ヴラシュスコの中庭の下に広がる公園や歴史ある都市の中心のゴシックの小道には、色彩豊かな中世の雰囲気で活気づきます。祭典には壮大なパレード、伝統工芸市、騎士の馬上槍試合や農村歌伎もあります。土曜日のプログラムの目玉は、神秘性のある聖ヨハネの祭典で、炎のパフォーマンスと祭典の花火でフィナーレを迎えます。この花火は聖ヤコブ教会の島とヴァラシュスコの中庭の王宮貨幣鋳造所を見事に映し出します。日曜日には都市中を鐘の音が響き渡り、壮麗な聖バルボラのゴシック教会で開かれる伝統ある銀のミサに招待します。トーナメント、娯楽に中世の劇場の多彩なイベントに加え、多様で風情のある伝統工芸市や当時の名物グルメもお楽しみください。

お気に入り