プラハのオペラ・バロッカ・フェスティバル

15. 8. 2014 - 7. 9. 2014

オペラ・バロッカ・フェスティバルは、音楽、舞踏そして歌を、各作品が登場した時代のまま、オリジナル・バージョンでお届するユニークなプロジェクトです。

珠玉のバロック音楽、超一流の演奏、歴史的楽器、当時の演出、キャンドルの魅惑的なイルミネーション、そして壮麗なプラハの宮殿という舞台が、フェスティバルの神秘的な雰囲気を形作っています。

 サマー・フェスティバル「オペラ・バロッカ2014」のプログラムは、バロック文化研究所が、フェスティバルの主催者「カルネヴァーレ・プラハ」と共同で作成したもので、17、18世紀の有名なバロックのオペラ、バレエ作品から厳選された音楽=舞踏シーンが網羅しています。

 一連のコンサートは2014年8月15日から9月7日までの期間、月曜日を除く毎日、天候に関係なく、プラハ旧市街にバロック最盛時代に建てられたクラム=ガラス宮殿内で開催されます。

ソット・レ・ステレ/星の下で

ジョヴァンニ・バッティスタ・ボノンチーニとそのライバルとしても知られるゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルの珠玉のバロック音楽をご紹介します。

クアンド・レ・ディユ・ダンセ/神々が舞うとき

神聖ローマ帝国皇帝・チェコ国王レオポルト一世、およびフランスの太陽王、ルイ14世の宮廷作曲家たちが残した音楽とバレエを基に演出された、古代ローマ神話の神、ネプチューンとマーズの象徴的決闘。音楽=舞踏イメージは、バロック時代のハプスブルク家、およびフランス王家の宮廷で行われていた祝祭行事をモチーフにしたものとなっています。

ソナタ・ヴェナトリア/狩りのソナタ

狩りをモチーフに演出された音楽と舞踏のショー。月の女神ダイアナの意図による牧夫と妖精の魅惑的な出会いを描いたこのプログラムは、狩りと晩夏の陽気な祭典をテーマにしています。

お気に入り