ジャイアンツ-氷河期をプラハで再現

8. 3. 2014 - 4. 5. 2014

氷河期の絶滅動物をご紹介します

「ジャイアンツ」は、氷河期に生息していた11の大動物を紹介しています。中でも最大のものは、言わずと知れたマンモスです。また最も小さいものは、アメリカ・サーベルタイガー、そしてヨーロッパ・ホラアナグマです。これらの動物は、8千~1万年前までアメリカ大陸に生息していました。11の動物モデルはチェコの自然科学者と造形美術家が協力して作成したものです。制作チームは、絶滅動物をできるだけ忠実に再現するため、現在知られている事実、発見を最大限に取り入れました。

お気に入り