メルセデス・ベンツ・プラハ・ファッション・ウィークエンド

3. 9. 2014 - 7. 9. 2014

プラハがモードとラグジュアリー で華やぐとき- チェコ、スロバキアのモード・ブランドが、ファッションショーの舞台に登場

MBPFWは、4日間にわたってチェコ、スロバキアの厳選されたデザイナーの、来シーズンに向けてのコレクションを プラハ で初公開いたします。当イベントのプログラムは、パリ、あるいはミラノのファッションショーにインスピレーションを得たセンスで磨かれたものとなっており、そのコレオグラフィーは、様々な芸術部門を融合させるという目的を明確に打ち出しています。MBPFWは、チェコで唯一、国境を越えたイベントとなっており、メルセデス・ベンツの名を冠したファッション・ウィークとして、ニューヨーク、ベルリン、シドニー、モスクワ、イスタンブール、メキシコシティと並んで、その一環を担っています。

メルセデス・ベンツ・プラハ・ファッション・ウィークエンドは、創始以来5年の間に、当初の「中欧最長のファッション・モール」 パリ通り の屋外会場から、白の「ファッション・テント」を経て、今年は、各デザイナーの魅惑的なプレゼンテーションに理想的な、壮厳な空間を持つカレル大学法学部構内の「ファッション・テンプル」へといった具合に、自然の発展を遂げてきました。法学部の新古典様式の建物は、1907 年、著名なチェコ人建築家ヤン・コチェラの設計に従って建てられたものです。コチェラは、フラデツ・クラーロヴェーの博物館、 プロスチェヨフの民族館、あるいは プラハのペテルカの家の 設計者としても知られています。

2014年のMBPFWは、2015年春/夏季コレクションを、半年間先駆けて初めて紹介するイベントとなります。今年の選考会には、20人あまりのデザイナーの作品が出品されました。メルセデス・ベンツ・プラハ・ファッション・ウィークエンド、今年のイメージガールを務めているのは、トップモデルのヤナ・クナウエロヴァーです。

お気に入り