ミュシャのスラブ叙情詩プラハ

Mucha’s Slav Epic in Veletržní Palace
1. 1. 2014 - 31. 12. 2014

プラハのナショナル・ギャラリーではアルフォンス・ミュシャの作品の愛好家に素晴らしい芸術の感動をお伝えします。

チェコの画家アルフォンス・ミュシャ(1860–1939)は、19世紀末から20世紀のパリで、独自のアールヌーボー装飾手法を用いて世界の名声を勝ち取りました。しかし彼はエネルギーをそれとは違った方向に注ぎました:スラブ神話とチェコ国民の歴史のインスピレーションを吹き込んだ20世紀の壮大な絵画のシリーズです。ミュシャはスラブ叙情詩で、ほぼ20年間力を注ぎ込み、最初に一般公開されたのは1928年の秋、チェコスロバキア独立の10周年の祭典の際で、会場は当時まさに完成されたヴェレトゥルジュニー宮殿の大ホールでした。同じ場所に現在も展示しており、2014年末まで鑑賞いただけます。

お気に入り