聖マルティン・イフラヴァ

11. 11. 2014 - 11. 11. 2014

外の明かりは段々少なくなっていきますが、私たちの中の明かりは徐々にましていくべきです。

聖マルティンの祝日は、人類兄弟間の思いやりの心と苦しんでいる人を思いやる信念とに結びついた伝統のある秋の祝日です。慈愛のテーマは、寒くて空虚で希望のないかのような暗いこの季節に、慰めと希望の光を与えてくれます。最高の聖マルティンのパレードの1つで、白馬に乗った聖マルティンが筆頭となり、毎年イフラヴァの街を巡ります。音楽も加わり街の夜空は花火が輝き、通りのパレードの人々は、ランタンを持って照らします。そうです。これがマルティンの明かりなのです。輝くランタンは夜空の星を連想させ、人々の内面の明かりと心の暖かさを強めてくれます。

お気に入り