テルチ

Telč - square
29. 8. 2013

おとぎの国テルチを訪問する

テルチほど「おとぎの国」という形容がふさわしい町はありません。ハンス・クリスチャン・アンデルセンの物語に出てきそうな広場、情趣あふれる城館、町を取り囲む美しく澄んだ湖沼。テルチはアルプス以北にあるイタリア・ルネサンス様式の都市の最高傑作とされており、テルチの市街広場はヨーロッパで最も美しい広場の一つに数えられています。テルチがユネスコの世界遺産に登録されているのは偶然ではないのです。

この町を訪れる人がまず最初に足を運ぶのがチェコ共和国で最もロマンティックといわれる観光スポットです。そのテルチの広場には高い妻壁を持つ色彩豊かな建物が立ち並び、アーケードにはたくさんのお店や喫茶店が軒を連ねています。喫茶店でくつろいで街の様子などを眺めながら贅沢なひと時をお過ごしください。 

最も美しい建物を目指して

テルチは水辺要塞都市として発展してきました。町の優れた景観は住民の競争心によるところが大きいといわれています。住民たちは競うように美しい家を建て、妻壁の外観美と規模によって自分の富と社会的地位を周囲にアピールしていたのです。美しい建物ばかりが軒を連ねているのはそのためです。建物を注意深くご覧になれば、多くの建物の屋根自体が妻飾りの高さよりもかなり低いところに位置していることにお気づきになるでしょう。 

おとぎの国のお城

テルチをご訪問の際は、モラヴィア地方を代表するルネサンス建築の傑作テルチ城を必ず見学なさってください。もとはゴシック様式だった城館がルネサンス様式に改築されたのは、領主のフラデツのザハリアーシュがボヘミア王国の視察団の一員としてジェノヴァに出向いた際、当地のルネサンス様式の建築美に感銘を受けたことに起因しています。歴代城主が手入れを怠らなかったため、イタリア芸術の影響が見られるもとの内装がとても良い状態で保存されています。「黄金の間」では、ザハリアーシュ家の歴代肖像画や格天井の貴重な木彫り装飾をご覧になれます。「騎士の間」と「アフリカの間」に飾ってあるハンティング・トロフィーは子供の目をくぎ付けにするに違いありません。城館見学ツアーでは、最後の城主が使用していた部屋の数々や、図書館、浴室、歴史的衣類やアクセサリーのコレクションを収めた衣装部屋などを見学することもできます。

テルチ周辺の観光地

テルチ近郊にはルネサンス様式の美しさが際立つ観光スポットが二つあります。インドジフーフ・フラデツには国内最大規模の敷地面積を誇る城館があります。スラヴォニツェではルネサンス様式の町人住宅が並ぶ広場の景観が見事で、広場の地下にはユニークな古い地下道もあります。

テルチの町が貴方のご来訪をお待ちしています。当地に実際に足をお運びになってテルチの魅力をご満喫ください。

お気に入り