シュヴァルツェンベルク運河

Schwarzenberg Canal
22. 8. 2013

ボヘミアの森にある歴史的シュヴァルツェンベルク運河

シュマバ(Šumava)山へ行かれる際は、ユニークな歴史的シュヴァルツェンベルク運河へ寄って、より内容の濃い遠足にしてください。この運河は元々、1791年~1791年に造られ、シュマバ山から木材を内陸に運ぶために使われました。全長は約90キロあり、この時代のものでは最も珍しい河川施設の一つです。最初は、木材をウィーンに運搬するために使われ、その後はヴルタヴァ川の木材輸送に利用されました。運河には、数十の橋や、水門、堀、ゲートなどもありました。 運河沿いにプレシュネー(Plešné)湖までつながっている、簡単な徒歩コース(8km)もお勧めです。夏は、ウォーキングやサイクリング、冬はクロスカントリースキーも楽しめます。また、ここで年数回木材流しも行われています。

お気に入り