ヴィノフラディ

19. 11. 2013

ご一緒にプラハの高級住宅街を散策されませんか!

ヴィノフラディには、旧市街、小地区やフラッチャニほど長い歴史はありませんが、ご覧頂く価値は十分あります。プラハのこの地区を散策してください。テレビ塔やヨゼ・プレチニクの作品「イエスの最大の心の教会」にもぜひお越しください。

ヴィノフラディ、葡萄園と小道

ヴィノフラディと言う名称は、ここにすでに中世に存在していた葡萄園に由来しています。時と共に葡萄園は消滅し、その場所に果樹園に囲まれたサマー宮殿やカントリーハウスが建てられましたが名前だけはそのまま残ったのです。ヴィノフラディは典型的な住宅地区で「名の高い住所」ともいわれます。その中心は、ナーメェスキー・ミールナーミェスキー・イージーホ・ポゲブラディのあるヴィノフラッスカー・トゥシーダ、それにリエグルの果樹園で構成されています。通りはしばしばチェコの人物や街にちなんでいます。20世紀からは、ヴィノフラディの通りの名称は三国協定の合衆国の州や首都の名前がつけられています。–例えばイギリス、アメリカ、イタリア、ウルグアイ、ユーゴスラヴィア、ブリュセル、ベレフラド、ロンドンなどなどです。

ヴィノフラディのお勧めの場所

スロヴァキア建築家ヨゼ・プレチニクの作品聖母マリアの最大の心の教会は特にご覧になる価値があります;ヴィノフラディの急速な発展にナーミェスキー・ミール聖ルドミラの新ゴシックの教会だけでは不十分になった時代に建てられました。マーラーの果樹園にはジシコフとヴィノフラディの境界線に高さ216mのプラハで一番高い建物テレビ塔がそびえています-展望台のテラスから街を掌にとったようにご覧頂け、ここオリジナルの6星スイート・ワンルーム・ホテルで食事をしたり宿泊したりすることも可能です。カレル・チャペックの本や、彼の兄弟ヨゼフの絵画が好きな方は、ヴィノフラディの住宅地区にあるチャペック兄弟通りを訪れてみてください。ここにヨゼフとカレルは大きな庭に囲まれた(二家族が住めるように玄関が2つ作られた)別荘を建てました。

お気に入り