プラハのヴィーレク大邸宅

4. 6. 2014

プラハ城からほんの少し歩いた場所にある珍しい象徴主義スタイルの目もくらむようなプラハのアールヌーボー!

アトリエ付きの家族用大邸宅を1911年にプラハに建てたのは、彫刻家、製図技師でグラフィックデザイナー兼イラストレーターフランチシェク・ビーレク(1872–1941)でした.彼はチェコのアールヌーボーの代表者でした。

建物はライ麦畑の象徴そのものです。丸い平面図はトウモロコシの広大な畑の大鎌の跡を連想させ、柱は穂の麦束、平たい屋根は野原を模倣しています。麦の穂のモチーフは、内装の彫刻を施した扉、金属製のノブや家具にも見られます。館内では、常時展示ビーレクのアトリエもご覧いただけます。

お気に入り