新市街

15. 11. 2013

チェコの国王カレル4世がプラハに新市街を創設したとき、中世ヨーロッパで最大の建設用地も誕生したことをご存じですか?

カレル4世は新市街をとても厳格に意図して創設しました。それに関しては、このプラハの 地区の新設をどのように監督して行ったかを見れば明白です。これに対しフラッチャニ、旧市街と小地区は、地区の最も端までほぼ人と建築物であふれました。新市街には人々によって新しい生活視点が生まれました。

人気のある中世のシンボル

長さ3.5kmの城壁に取り囲まれて街の3地区合わせた面積より広い敷地に、当時の支配者は3つの市場を設けました。そう今日ではカレルヴァーツラフそしてセノヴァージュネー広場です。綿密に計画し張り延ばされた通りに囲まれています。皇帝はカレル橋の場合と同様、象徴主義がお気に入りでした、そのため新市街の教会建築物は(現在でも)、架空の十字架を構成しています。十字の長い方の終わりには、聖カテジナ教会ナ・スルピの聖母マリア教会が建っています、この線はヴィシェフラドのバシリカ教会まで延ばすこともできます。十字になった通りはナ・スロヴァネフの修道院と聖母マリアの教会とカルロヴァにある大いなる聖カレルの間の線を暗示しています。両軸は聖アポリナージュ教会にまで延びています。敬虔深い支配者は、新市街に天の恵みを保証する最良の方法を見つけることができたでしょうか

新市街の興味をそそる隠れスポット

新市街を散策できる時間がまだおありなら、スロヴァキア島にお立ち寄りください。国立劇場ヴァーツラフ広場を通って壮大な国立博物館をご覧いただけます。古風なペテロ地区、ヴィシェフラドの下に広がるポドスカリー新市街庁舎や有名なファウストの家のあるカレル広場もご覧になる価値があります。ヴルタヴァ川の土手沿いの散策では、プラハ現代建築のシンボルであるダンシング・ビルルネサンスの給水塔が隣接する展示ホール・マーネスをご覧いただけます。

お気に入り