ラドロンカ

3. 6. 2014

全てが一つの場所に:素晴らしいプラハの眺め、自然とインライン・スケートロード。

プラハにお出かけの予定で、インライン・スケートを好きですか?それならあなたにお勧めのできる場所が2つあります。一つはヴルタヴァ川沿いにダンシングビルからモドジャンまでのスケートロード、もう一つはブジェフノフとモトルの間にある古い集落ラドロンカ周辺地域です。

どんな天候でも:自転車、スケートそしてスキーで

ストラホフ・スタジアムから近隣のフヴェズダの自然動物保護区まで続く長さ2kmの緩やかでジグザグの平野には、スケートコースが通っています。その距離4 ,229.5 mでマラソンの10分の一の距離です、ここでは自転車や、冬にはクロスカントリー・スキー用にもなります。10cmも雪が積もれば十分なのです!

大都市の喧噪から離れたこの地域にはまた、モトル、プロコプスケー渓谷の素晴らしい景色が広がり、また道路沿いにはライトアップがなされ、夕方でも夜でも楽しめます。

万が一、ラドロンカが小さいと思われる方は、バリアフリーの地下通路を通って、ショッピング・センター・ヴィーピフにあるもっと小さい300mのサーキットをご覧ください。それだけでなくそのすぐ近くに、広大な自然動物保護区フヴェズダが広がっています。

百年前のラドロンカと現在

有名な音楽作曲家W.A.モーツアルトと関連したベトラムカ、スミーホヴァのバロックのポルテイムカやヴィノフラディの葡萄畑や葡萄畑のサマーハウスのあるグリューボフカと同様、ラドロンカも昔プラハ周辺に百とあった古い農家です。昔の郊外住宅を思い出させるここには、今日多くはその名前だけが残っています。ラドロンカはかつて葡萄畑で、19世紀半ばまで旅行客の宿でした。現在ではここにはグルメとグルメ・バーベキューのレストランがあり、ボーリングペタンクボールビーチバレーボールビーチサッカーボールを楽しめ、またインライン・スケートの夏のブースもあります。ラドロンカの農家やその周辺は簡単に言えば、出会い、スポーツや娯楽に素晴らしい場所なのです!

お気に入り