プラハのカンパ博物館

5. 2. 2014

語感すべてを刺激する祝宴:プラハの中心地にある、ロマンチックがあふれ、魅力的な眺めを約束してくれる西洋近代美術の展示場。

現代ヨーロッパの美術を扱ったカンパ博物館は、ヴルタヴ川とフラッドチャニカレル橋への眺めが絶好の、第三千年紀から存在するロマンチックな島カンパの川岸にあるソヴァの水車小屋の建物にあります。

メダ・ムラードコヴァー氏と夫のヤンが集めた美術作。品のコレクションをチェコ共和国に寄与したものです。その傑作品として、抽象美術のパイオニアとされるフランティシェク・クプカの全作品集と、彫刻家オット・グットフロインドのブロンズとキュビズムスタイルの彫刻が挙げられます。毎年、国内外の作家の特別展示が開催されます。付属のレストランでは、チェコの伝統的な料理を味わえます。

お気に入り