プラハのユダヤ人街

Spanish Synagogue
22. 8. 2013

プラハにあるユダヤ人地区の物語を探る!

ヨーロッパの都市で、プラハにあるユダヤ人地区ほどよく保存されているのは、数えるほどしかありません。プラハのヨゼホフ地区は、6つのシナゴーグ、ユダヤ人の町役場、神秘的な墓地および、ユニークなプラハの地霊ゲニウス・ロキによって形成されており、黄金の街プラハに来たら必ず寄るべき観光スポットの一つです。プラハに住んでいたユダヤ人の、伝統、習慣、建築、そして20世紀の最も悲劇的な出来事について、直接見て学ぶことができます。 

ユダヤ人街がこれほどまでに良く保存されているのは、皮肉にもアドルフ·ヒトラーのおかげなのです。ナチスのリーダは、“絶滅した民族の博物館”としてプラハにこの地区を残す決定を下したのです。その為、当時の占領下の国々から貴重な品々がこの地区へと収集され、ユダヤ人に関するヨーロッパ最大のコレクションが出来上がったのです。現在のヨゼホフ地区は、多くのユダヤ人コミュニティと共に再び活気が取り戻し、百等の街プラハのまた違う姿を見学することができます。

ゴーレムの眠る場所

高級なブブランドショップが並ぶパリ通りを歩いていると、壮大な旧新シナゴーグへ辿りつきます。是非、このシナゴーグへ見学に立ち寄ってください。ヨーロッパに残されている最古のシナゴーグであるだけでなく、その魔法のようなインテリアには、多くの魅力が秘められています。伝説によると、ちょうどこの場所に伝説のゴーレムが眠っているとされ、怪物フランケンシュタインの前身であるゴーレムは、昔から 多くの王や皇帝が探し求めていた偉大な力の象徴でした。

6つのシナゴーグ、無数の物語

ホロコーストの悲劇の記憶は、ピンカスシナゴーグ内に展示されています。世界で最も長い碑文の壁には、ナチスの強制収容所で亡くなった人の名前が記されています。その他、ユダヤ建築の美しい例として、マイゼルシナゴーグ、クラウスシナゴーグ、そして、特にスペインシナゴーグの金で装飾されたインテリアは、大変見事です。旧新シナゴーグの近くには、美しいユダヤ人市庁舎と見事な塔が一つになった建物が見られ、プラハのユダヤ人地区のシンボルの一つとなっています。

ユニークで魅力ある場所

重なり合って並ぶ神秘的な墓石、光と影、静かな枝が織り出す音、この地で起きた数千もの物語。この旧ユダヤ墓地は、世界最大規模です。限られたスペースと古い墓を乱さないユダヤ人の習慣により、墓地が埋まると新しい土が運ばれ、その上にまた新しい墓を形成されています。現在、なんと12層の墓が埋められています。 

お気に入り