Franz Kafka Museum

16. 9. 2013

あなたも知っている有名な作家フランツカフカとまだ知られていないカフカ-小説、写真、手紙、そして永遠のインスピレーションの源プラハ。

ドイツ語で執筆したチェコ人作家フランツカフカ (1883–1924)は、20世紀最大の人物の一人です。彼の文学、そして実際の生活の中心地はプラハでした。ちょうどカフカとプラハを主題にした展示が、まさにカフカの故郷の中心、小地区のヘルゲトヴァ煉瓦館で開かれています

カフカのプラハ

この展示会は、1999年にバルセロナで「ジェームズ・ジョイスのダブリン」と「フェルナンド・ペソイのリズボア」に次いで、世界作家の展示会シリーズの三番目の催しとして始まりました。その後2005年よりプラハで開催されています。

カフカ博物館は、絵、光、音楽などを通して、有名な作家に秘められた世界への眼差しを紹介しています。カフカの運命になったプラハは、神秘と奇妙な物語に満ちた都市として紹介されています。プラハがカフカの小説の場面になったと思われている方は、この博物館で様々な手掛かりを発見できます。町は作品に隠されているかも知れませんが、その名前が挙げられないだけなのです。

博物館の前と中

館内には、カフカの作品の初版や手紙、日記、手書き、写真、素描、文学評論家のエッセーなどがあり、カフカの主な生涯の出来事とその作品に影響を及ぼした環境を深く知ることができます。カフカの作品集と自伝関連の作品を販売するミュージアムショップもあります。

博物館に訪れた方は、ヘルゲトヴァ煉瓦館の中庭に設置された、芸術家ダヴィッド・チェルニー作の噴水を見逃してはいけません。チェコ共和国の形をした小さい池の上に、向かい合って、おしっこをする二人のブロンズの男性が立っています。その腰とペニスが電気装置によって動かされ、水の流れが水面に当たり、それが引用された文字を描きます。この噴水は、全ての感情を沸き立てます。あなたはいかがですか?気に入りましたか?

お気に入り