最大の鉱山博物館で鉱山労働者の一日体験

22. 8. 2013

最大の鉱山博物館で鉱山労働者の一日体験

見事な自然、原始からの歴史を誇る、チェコ共和国最大の鉱山博物館 - 考古学者と鉱山労働者の一日体験ができるランデク・パーク(Landek Park)へ是非お越しください。

誰もが魅了される採掘場

採掘の博物館は、アンセルムという実際に使われていたの歴史的な鉱山の中に位置しています。見学ツアーの開始と同時に、歴史的な建物から鉱山のシャフトへ、乗用台車で中へ入って行くスリルな体験が待っています。距離はわずか数メートルですが、鉱山労働者がこの道を毎日仕事へ向うために利用した当時の様子を垣間見ることができます。魅力的な展示が多くある中でも、特に救助設備の展示は目を引きます。非常に危険性の高い作業現場では最新の技術を用いて、深海や宇宙よりも危険な現場での救助を可能にしています。

マンモスのいた時代へ

ランデクの丘には、国の自然保護地域があり、世界中の地質学者から賞賛を受けています。ここには遊歩道が通っており、考古学者がランデクのビーナスと名づけた、46ミリメートル女性の胸部などが発見されています。また、マンモスが狩猟されていたすでに2万3千年前に、石炭が使用されていたことも分かっています。

当時の鉱山現場

ミハル鉱山では、当時の鉱夫が毎日更衣室から鉱山現場まで行く様子を見学できます。実際に使用されていた設備、バスルーム、ランプルーム、ギルドなどの施設が展示されています。二番目のコースでは、稼動している蒸気エンジンで動く機器、エンジンルームやボイラー室も見学できます。

お気に入り