Ossuaries, crypts and catacombs

1. 10. 2013

納骨堂、遺体安置所と悪霊墓地-あなたをちょっと恐怖に陥らせるかも知れない、特別な雰囲気を醸し出す少し陰鬱な場所。

「死を思え。おまえは塵だから塵に帰る。あなたたちをあなたたちにならしてめているもの、それが私たちなのだ、私たちを私たちにならしめているもの、それがあなたたちなのだ」-これらは通常納骨堂や遺体安置所の入り口の碑文に刻まれています。こういった場所では大部分の人々はいい気持ちがしないでしょう。しかし納骨堂自体があなたを怖がらせることはありえません,むしろ人生のはかなさや、避けることのできない死を忘れないよう思い起こさせるものなのです。

最も美しく観光客に最も人気のある場所

非常に独創性に富み風変わりな装飾、人体の骨で作られたシャンデリア、シュヴァルツェンベルグ朝の紋章や人間の鎖骨や腰の骨を使用した複合装飾-これらは、コストニツェクトナー・ホラに観光客を引きつける主要な芸術品です。周辺の大聖堂と同様、正真正銘のバロック建築家J.B.サンティーニの手書き原稿を所有する全聖人の納骨礼拝堂でご覧いただけます。

反対に現代の精神を再現したのは、パリのカタコンバ悪霊墓地に次いで二番目にヨーロッパで大きいブルノの珍しい聖ヤコブ教会の納骨堂です。音楽の流れるこの敬虔な場所は、あなたをこの町の新たな地下室へ引き込ませるかも知れません。

神秘的なシンボル

希望、信仰と愛のシンボルである錨の像、十字架や心臓、その他の装飾品が人体の骨で作られ、コリーンの聖バルトロメェイ教会の納骨堂ムニェルニークの聖ペテロ聖パウロ教会に納められています。一般に公開されたのは神秘的な地下のエリアが開けられた第一次世界大戦後した。同じ頃、最初の観光客がブルノにあるカプチンスカー墓地を訪れました。ここではもう百年以上、ミイラにされた僧侶たちと、女帝マリア・テレジアの時代に軍隊の勇敢な指揮官だったトレンク伯爵の遺体が永遠の眠りについています。これに似た観光スポットは、クラトヴィにある地下のイエズス会の教会ミイラのカタコンベ悪霊墓地、そして祈念碑ブロウモフのバロック教会を訪れれば数重ものミイラの遺体が納められた地下をご覧いただけます。

お気に入り