オロモウツの噴水群

22. 8. 2013

オロモウツの象徴:バロック様式の噴水に装飾された古代神話

モラヴィアの“兵士と司祭”の町オロモウツは、全盛期をバロック時代に迎え、その当時の様子は、バロック様式の噴水に装飾された6体の個性的な像にも反映されています。ネプチューン、ヘラクレス、ジュピター、トリトン、マーキュリーとシーザーの名からは、作品の作者が古代神話にまでテーマを探求していたことが伝わってきます。しかしこれは偶然ではなく、伝説によるとオロモウツは、ローマ皇帝ガイウス·ユリウス·カエサルよって設立され、そして、彼は今もオロモウツ広場で馬に乗っているのです。2002年には、この6体の像に加え、珍しいカメをモチーフにした近代的なアリオンの噴水が作られました。暑い日には、ここで水浴びをすることもできます。

お気に入り