モラフスカー・トシェボヴァー城

4. 3. 2014

モラフスカー・トシェボヴァー城館でルネサンスの錬金術師の秘密を暴露してください!

チェコとモラヴィアの境界にあるこの町は、17世紀の三十年戦争以前、人文主義の教育と文化の中心地の役を果たし、モラヴィアのアテネと呼ばれていました。

現代でもルネサンス様式の壮麗な城館とその城内のアーケード付きの中庭が観光客を引き付けています。数ある、観光ツアーでは、モラフスカー・トシェボヴァーの歴史、町人の生活や田舎の日常生活を垣間見ることができます。途中、正真正銘の中世の拷問部屋や、マイスター・ボナチナの錬金術研究所も見学できます。当時彼は城館滞在中「飲める金」の製造を試して、不老不死薬も作ってみました。あなたもちょっとした実験をされれば、彼が成功したかどうかご自身で判断できるでしょう!

お気に入り