レドニツェ城館の公園のミナレット

7. 10. 2013

おとぎ話に出てくるようなレドニツェ=ヴァルチツェ地区の真ん中に出現するめずらしいもの~ムーア様式で建てられた展望台ミナレット。

レドニツェのミナレットは、非イスラム諸国のイスラム教的な建築では最大です。19世紀初頭、J.ハルドムット(Hardmuth)の設計に基づいてムーア様式で建てられました。レドニツェ=ヴァルチツェ地区を散策すれば、必ず目につくロマン主義的建物の一つです。60メートルの高さもある細い塔には、見晴らしのいい高さの異なる3つのギャラリーがあり、夏の時期には展望台として利用されていますが、一番上までに302段の階段を登らないといけません。このミナレットへは、ゆっくり城の公園の中を通って歩いていっても、観光クルーズでも行くことができます。クルーズの場合は、レドニツェ城館の下の遊覧船乗り場をご利用ください。

お気に入り