イゼルスキー山脈のシュケパーンカ展望台

7. 11. 2013

最古のイゼルスキー山脈の展望台をご覧ください!

チェコでイゼルスキー山脈ほど素晴らしい展望を期待できる場所はほとんどないでしょう。サイクリストや徒歩の散策にも人気のスポットは、その中でも最古のシュケパーンカ展望台で、イゼルスキー山脈の女王とも言われています。標高958mの山頂フヴェズダにあるロマンチックな狭間胸壁を持つ塔は、1847年に君主ロハンによって建てられました。シュケパーンカまでの最短コースはコジェノヴァの駅から青い標識に沿って向かいます。伝説のタンヴァルドからハラホフまでのラックレールの鉄道乗車と組み合わせることも可能です。

お気に入り