ホルショフスキー・ティーン城

Horšovský Týn
22. 8. 2013

チェコのルネサンス時代を生きた日本人・光子:ホルショフスキー・ティーン城

ボヘミア初の日本人は、一体どのようにしてチェコのルネッサンス時代を生きたのでしょうか?その答えは、ルネサンス期のファサードに描かれた文字形のズグラッフィートにあります。 5つある案内コースから、好みにあったものを選ぶことができます。洋館、ゴシック様式の礼拝堂がある城、または図書館から選択できます。ツアーコース "光子"は、19世紀末にオーストリア・ハンガリー帝国の領事によってボヘミア地方に連れて来られた、伯爵夫人ミツコ・クーデンホーフ·カレルギーに焦点が当てられています。彼女の運命的な人生は、日本でテレビドラマも撮影されました。

お気に入り