ヘイニツェ教区巡礼教会

27. 8. 2013

ニツェ ヴィア・サクラの巡礼道にある魅力的な場所

巡礼場のヘイニツェの歴史は、貧しい篩い職人がセイヨウボダイジュの下で居眠りをしたら夢の中で天使たちに妻と子供の病気を治す方法を教えてもらったという伝説によって1211年まで遡れます。同じ所には木造の教会が造られ、その後石造りのゴシックな礼拝堂に建てかえられ、そして18世紀になると印象的なバロック様式の聖母マリア訪問教会の形をとることになりました。セイヨウボダイジュの木に囲まれた場所では現在、クラシック音楽のコンサートが行われます。教会内には、3つの部分からなるガラス家のお墓、アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインの古いフィールド祭壇と、17世紀のバロック様式の彫刻や聖母マリア柱があります。

お気に入り