フリードラント城

Frýdlant Chateau
14. 11. 2013

アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインの幸せの国:フリードラント城

フリードラント(Frýdlant )は、アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインの治世下、“テラフェリックス(Terra felix)-幸せの国”と呼ばれていました。

この野心的な欧州政治家かつ軍事指導者は、ビーラーホラの戦いの後、大量の財産を受け、町は繁栄しました。しかし彼の暗殺後、スウェーデン軍が城を占拠 し、三十年戦争の長期の苦しみを免れることはできませんでした。城はルネッサンス様式に改修されており、すでに1801年より一般に公開されていました。 そして、中央ヨーロッパで最も古い城の博物館が誕生しました。アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインに捧げられた、12世紀から第一次世界大戦までの 1000以上の武器が集めらた、武器庫も是非ご覧ください。

お気に入り