ブロウモフスケー・スケニ

11. 11. 2013

岩石の街、風変わりな石のマッシュルーム、素晴らしい眺めと神話に包まれたバロック教会-ブロウモフスケー・スケニにお越しください!

メトゥイェとブロモフのポリツェの間にある森に囲まれた尾根から、岩の上にある街アドルシュパフ神秘的なテーブル山オスタシュブロウモフスコのバロック様式の大聖堂の記念碑を掌にとるようにご覧いただけます。それだけではありません-この周辺はどこも素晴らしい人跡未踏の自然、ロマンチックな岩石の様相と峡谷なのです。

フヴェズダの教会

ブロウムスケー・スケニで最も人気があり、かつハイキングコースの重要な交差点となっているのが、フヴェズダにある雪の聖母マリアのバロック教会です。フヴェズダという名前は、岩の山頂に木の十字架が垂直に立ち、その上に登山者の道印として遠方からもよく見える金色の星が輝いていた1670年に誕生しました。今日ではここは教会の他、旅行者向けのレストランのあるハイキング者向けの小屋です。

ブロウムスケー・スケニで最も面白い場所へは、フヴェズダからでている表示されたハイキングコースを利用して行くことができます。高さ100mの岩のブロックで囲まれたロマンチックな岩のキャノン、コヴァージョヴァの峡谷はご覧になる価値があります。山峡は2mの広さの場所で、そこでマリアーンスカー洞窟をご覧いただけます。

人近隣のフヴェズダと同様人気のある場所は他にも、ブロウモフスケー・スケナの頂上部にある展望できる場所スピー・フニーズドです。ここからはナーホドクルコノシェアドルシュパシュスコの岩石の周辺の地域、オルリツケー山脈ヘ360度の展望が開けています。

巨大な石のキノコ

大人にも子供にも人気のある旅の体験は、スラーヴニーの集落から表示された道を利用して行ける石のキノコです。特にそのできあがった石の様相を見ると、多様な岩の層が様々な方向に広がり拡大してできたキノコを連想するでしょう。数百メートル先には、絵に描いたような「うさぎの岩」やその名をおとぎ話から取ったその他の岩のオブジェクションが見られます。例えば「ルチファー」、「悪魔の義理の母」や「石の門」です。

お気に入り