Technical monuments and rarities

Ostrava - Vítkovice
14. 10. 2013

すでに昔の炭坑や、電力所、テクニカル博物館、水車や風車、それに撮影スタジオや自動車工場を見学したことがありますか?

工業技術の遺産といったら何が思い浮かびますか?昔の人の技術知識に驚嘆するあまり、遙か昔の 環境でその物語を探って見たいと思われますか?それとも何か面白い旅行のインスピレーションをお探しですか? 実にチェコの多種多様の工業技術記念建造物と呼び物をあちこちで見つけることができます。

最大で最古

何か多くの‘最上級’を誇る記念建造物が好きですか?それなら是非世界で三番目に大きいポンプ式水力発電所ドロウハー・ストラニェを訪れる事をお勧めします。チェコでも最大の発熱量を誇る発電所で、その一部はヨーロッパにある最大のリバース 水力タービンです。見学の際には広大な地下の技術操作、下流貯水池や壮大なイェスキニ山脈のムラヴェンチンーク山、標高1,350mにある上流貯水池も見学できます。

8世紀末から存在するシュワルゼンベルグの航行水路は、優れたな技術作品といえます。ヴルタヴァとドゥナイの集水域を接続してシュマヴァの森林からウィーンへ材木を運んでいます。 運河沿いの散策は歩きでも自転車でも可能でシュマヴァ滞在での人気のあるツアーの一つです。水道設備は見事に周囲の地形と調和しており、あたかも人工的に作られたものではないかのようです。

珍しい技術はまたチェコで唯一のヴェルキー・ロシニのマニュアル操作製紙工場です。16世紀から今日に至るまで休むことなく操業し続け、製紙技術のヨーロッパにおける最後の生き証人の一つとなっています。

水車と風車もチェコの希少価値を物語っています。観光客の人気を呼んでいるのは、17世紀から18世紀に作られたモラヴァで最大といわれる スルプの水車です。技術設備は遙か昔から20世紀に至る製粉工業の歴史を物語っています。

最長で最も広大

サイクリング、路上でのローラースケート観光クルーズを好きですか? それならクロムニェジーシからホドニーンまで約80kmのバキャ運河をお勧めします。1930年代に作られたバキャ運河は、元来, 褐炭の輸送と草地の灌漑に使用されました。そして今日ではボートや観光クルーズ愛好家の絶好の場所となっています。とても素晴らしいロードです:自転車や路上スケートで全距離を走り、その後自転車も一緒に乗せることのできるボートの観光クルーズで戻ってきます。

多数の面白い技術的遺産はオストラヴァで見ることができます.。例えば技術的また構造的にそのまま保存されているミハル炭坑の地下、ランデク公園の炭坑博物館ヴィートコヴィツェの炭坑場所,、また19世紀前半の産業建造物いわゆるオストラヴァのフラッチャニは、他に類を見ない工業的そして技術的に完璧の逸品です。

自動車、電車と全種類の技術設備の博物館

チェコの産業博物館も是非訪れてください。改修されてとても広大なプラハの国立産業博物館ブルノの産業博物館できっと楽しめます。 電車が好きな方は、ズビーショヴの産業鉄道博物館ラコヴニークの近くのルジュナーにある鉄道博物館に驚嘆されることでしょう。 100年以上にわたって休みなく製造伝統を守り続けているムラダー・ボレスラヴの自動車工場シュコダはチェコの誇りです。有名なシュコダ自動車の歴史を教えてくれる製造工場現場を見学してシュコダ自動車の博物館を訪れてください!

お気に入り