Socialist Realist architecture

Ostrava
9. 10. 2013

壮大、歴史を思わせる、対称性、装飾的でスターリン思想があふれている-これらが共産社会主義-いわゆる‘ソレラ’です。

「建築分野における社会主義リアリズム」という言葉から作り出された表現「ソレラ」は20世紀半ばに登場した建物のことを指します。ロシアスタイルに統一された様相で、当時の最高の完璧性を代表するものでした。ソレラは、主に新しい都市:クラドノ、カルヴィナー、ハヴィージョヴやオストラヴァに見られます。

ソレラとオストラヴァ-ポルバ

スターリンのバロッコ様式アリア・ソレラは、ソビエト建築の二流の陰気な趣をチェコにもたらしました。正式の共産主義スタイルは主にオストラヴァポルバ地域で適応されました。広場の基本計画は直角の規則正しい編み目で形成されました。街区は同じ大きさに統一され、広い庭を持つ明るい砂色のほぼ閉鎖された住宅街のコンビナートといったロシア風の典型的な都市建築でした。ソレラ建築は実用的で機能的な昔ながらの柱、三角または階段状の切り妻屋根、建物の正面は史実性を思わせる造りで、国家の象徴と新地での戦後建築を称賛しています。しかしソレラは欠点だけではありません;ゆったりとした大通り豊富な緑街路街区の伝統的な配置は好意的な面といえるでしょう。オストラヴァ-ポルバにある住宅は、プレハブ住宅の生活より断然楽しめることは明確です。

プラハの‘ソレラ’

ソレラは、有名な建築であるポドババのクラウンプラザホテルのようにプラハへの道中にも見られます。当時の厳重な政府の監視下で建造されたホテルは、ワルシャワの文化科学宮殿とうり二つで、モスクワにはこれより規模の小さい似たような巨大な建物が7つ見られます。当時の高層ビル建築のなかで最高の建物は88メートルの16階建てで1954年に完成されました。後期ソレラ建築の例としては、ヴァーツラフ広場にあるヤルタホテルですが、豪華な内装のホテルにはその痕跡も見られません。

お気に入り