モラヴィア=スロヴァキア地方

Zlín - Baťa Skyscraper
4. 9. 2013

モラヴィア=スロヴァキア地方~昔ながらの伝統が息づく地域

モラヴィア=スロヴァキア地方(スロヴァーツコ地方)は、何世紀も前からの伝統と民間伝承が今に息づく温暖な地方です。モラヴィア=スロヴァキア地方は、青色の正面玄関や伝統衣装で有名です。お土産として、彫刻または陶器も購入できます。美しい風景が続くこの地方のオランダ様式の風車、あるいは地元の巡礼地を自転車で回ってみてはみてはいかがでしょうか。モラヴィア=スロヴァキア地方は、徒歩、自転車、乗船、または、クノヴィツェ(Kunovice)にある飛行機博物館では、飛行ツアーで空からもお楽しみいただけます。

ブドウ畑、草原、城、邸宅、民俗建築、民間伝承など見所がたくさんあります。ウヘルスケー・フラヂシュチェ(Uherské Hradiště)の歴史保護地区を訪れると、歴史地区や広場にたくさんの素敵な庭園もあり、片手にワイングラスを持ちながらそれらを堪能することができます。近年、バチャ運河沿いのサイクリングロードが設けられ、ブホヴィツェ(Buchovice)の城や、神秘的で森の中に潜んでいるブフロフ(Buchlov)城へ、ウヘルスケー・フラヂシュチェから通じており、さらなる人気を呼んでいます。モラヴィア=スロヴァキア地方には、ヴルチュノフ(Vlčnov)のセクセロイテン(春の祭り)や「新平の踊り」などもあり、これらはユネスコの世界遺産にも登録されています。

休暇の思い出に残るアドベンチャーな乗船

バチャ運河の乗船なくして、モラヴィア=スロヴァキア地方を完全に制覇したとは言えません。この全長53キロもある長い水路は、褐炭の輸送に利用されていたものです。今日、この運河は観光客のための観光スポットとして利用されています。船の上から、パノラマの景観、水辺から見えるブラトニツェ(Blatnice)やストラージュニツェ(Strážnice)の町の歴史地区や、城や庭園、野外博物館などが満喫できます。モラヴィア=スロヴァキア地方近郊にあるズリーン(Zlín)は、チェコ最大の靴ブランドの創始者トーマス・バチャと密接に関係している街です。街の中には、世界のどこにも見られないユニークな 「バタ建築」が点在しています。最も有名な建物として、建設当初ヨーロッパで最も高い建物の一つであったバチャ高層ビルも含まれています。 

チェコ共和国で最も重要な巡礼地を訪問

モラヴィア=スロヴァキア地方は、宗教や信仰において常に重要な役割を果たしてきた地域です。この地域で最も重要な宗教的な建造物は、ヴェレフラット(Velehrad)修道院です。ここはチェコ共和国の巡礼地の中で最も重要な場所であり、13世紀から毎年何万人もの人々のために巡礼の儀式が行われています。この地方の歴史地域には、ウヘルスケー・フラヂシュチェ(Uherské Hradiště)も含まれ、モラヴィア地方最大規模の古代遺産や観光スポットがあります。 

その他の観光地

視野を広げ、周囲の他の美しい観光スポットを訪問しましょう! その中でも、見事な城の庭園によりユネスコにも登録されているクロムニェジーシシュ(Kroměříž)は見逃せません。身体のケアをされたい方は、世界的に有名なスパルハチョヴィツェ(Luhačovice)へお越しください。また、ユダヤ人の歴史遺産はホレショフ(Holešov)にてご覧頂けます。 

お気に入り