サーザヴァ川周辺地方

Český Šternberk Castle
22. 8. 2013

ポサーザヴィー地方の美しい自然と歴史

川の両側に濃い森林の風景が続き、サーザヴァ川は百年以上も前からアクティブな休暇を過す人々で賑わっている人気スポットです。独特な自然、ロマンチックな集落ごとに区切られている別荘地文化、川の激しい流れ、歴史的な城や邸宅など、忘れられない思い出を、この黄金のサーザヴァ川でたくさん作ってください。 

サーザヴァ川へは、、ティーネツ・ナド・サーザヴォウ(Týnce nad Sázavou)からピーコヴィツェへ行くコースが一番美しく、徒歩、自転車またはラフトでエキサイティングな急流を下る冒険を楽しむこともできます。

太平洋 のような昔の姿を残すポサーザヴァ地方

ポサーザヴァ地方でロマンチックな体験をしましょう!コテージやキャンプらが、サーザヴァ川の渓谷の斜面に散在しており、橋やトンネル、曲がりくねった道、そしてポサーザヴァ地方を走るローカル鉄道は、昔からたくさんの自然愛好家、芸術や歴史が好きな人々をこの地へ運んできました。この地方の人気はもの凄く、以前は列車の屋根に人が乗るほどの人気を誇っていました。今日は、川の上岬に堂々とそびえ立つゴシック様式のシュテルンベルク城へも、簡単に電車で行くことができます。城の中で最も興味深い展示品は、間違いなく三十年戦争からの版画のコレクションです。

建築スタイルに感銘を与えるサーザヴァ修道院

サーザヴァ・修道院聖プロコプは、象徴的なゴシック様式の塔が見事で、また、K. I. Dientzehoferのバロック様式の作品である、古典主義を魅了のファサードも大変素晴らしい作りです。修道院には、マリアン回帰が描かれたゴシック様式のユニークなフレスコ画があり、サーザヴァのマドンナが、幼少のキリストを罰っしている様子が見れるのは世界でもここだけです。修道院は、聖プロコプの関連が深く、プロコプは、神聖な境界を超越した人物でした。彼のゲニウス・ロキは、ロマンチックな聖プロコプ絵画や、彼の骨の一部が埋葬されている地下聖堂など、建物の中の至るところに浸透しています。

いたる所にある城や宮廷

ポサーザヴィ地方には、、大規模な公園に囲まれたコノピシュチェ城がり、第一次世界大戦のきっかけとなった、サラエボ事件で暗殺された、大公フランツ·フェルディナント·デステの最後の居住地として有名です。また、シュテルンベルク家の居住地であった、イェムニシュチェ城もお勧めです。

お気に入り