Important numbers Important numbers 1
2013/07/22

緊急電話番号とチェコ共和国内の大使館

特に重要な電話番号とその覚え方。

重要な電話番号は、必要になった場合に備えて番号を控えて常に身につけておくか、記憶するのがよいでしょう。誰もが必要になることのある最重要機関の電話番号はたいていは3桁の電話番号です。これらの番号にはどこからでも、いつでも、無料で通話できます

112番―共通緊急通報用電話番号

 
この番号は、欧州連合にわたって(チェコ共和国でも)、さらにノルウェー、スイス、アイスランドの全てで利用できます。この番号を使って消防、警察、医師を呼ぶことができます。

ほとんどの電話ではたとえキーボードロックがかかっていても112番に電話できますが、古いモデルの電話だとSIMカードなく電話することができません。

もし可能なら、直接医療、消防、警察につながる下記の番号にかけてください。112番では交換があなたの状況の詳細を確認し、その判断で助けを送る機関へ電話をつなぎます。150番、155番、158番や156番にかけたほうが早いのです。
 

155番―医療救急サービス

深刻で予期せぬ怪我やその他急性の健康上の問題の場合、155番へ電話してください。緊急サービスの交換には資格を有した医療専門家がおり、救急車が到着するまでの間どのように対処すべきか指示してくれます。

一刻も早く救急車が到着できるように、現在地を詳しく説明することが必要です。
番号を暗記するにはどうしたらいいでしょう?番号の最後にある5の数字は、救急車の隊員が動けない人を運搬するために使う車椅子を表しています。
 

150番―消防隊

150番は、火災、自然災害、事故を通知するためのものです。つまり、事故で救助の必要がある場合や、消火、状況の回復、有害物質の除去などの除去作業の必要の場合に呼ばれます。

番号を暗記するにはどうしたらいいでしょう?3桁の最後にある0は、丸くまとめられた消防用ホースとして暗記してください。
 

158番―チェコ共和国警察

158番は、犯罪や、捜査が必要な深刻な交通事故で、周囲の安全を確保する、あるいは公共の秩序を守ることが必要な状況を目撃したときに呼び出します。

この番号を暗記するには?3桁の最後にある8の数字は、警察の手錠によく似ています。必要なのはこれだけです。
 

156番―市警察

違反行為を確認した場合、例えば夜間の騒音(22:00から朝6:00までの騒音、罰金は最高5000コルナ(185EUR、205USD、1355CNY、13 590RUB))などの場合には、市警察に電話してください。
 

大使館、領事館

証明書の紛失など重大な問題が発生した場合、あなたの国の大使館に助けを求めてください。チェコ共和国ではほとんどがプラハにあります。所在地リストは、このウェブアドレスを参照ください。
 

ツーリスト・インフォメーション

観光客向けインフォメーション・センターは大抵、観光目的地そばにあります。それが 自然の観光地であろうが、であろうが、であろうが同じです。サービスの基準を持つ、サーティフィケートを受けたツーリスト・センターのリストはここでご覧になれます。