ハイテク建築

TV tower in Žižkov
9. 10. 2013

新しいマテリアル、光沢のあるメタルや現代技術、これらは魅力的なファサードの影に隠れてはいません-そう、これがハイテク様式の建築です。

ハイテク様式は、ここ最近に登場した物ではありません。20世紀の1960年代末にはすでに新しいマテリアルを使用して、航空と宇宙飛行分野で用いられ、建築分野以外では、産業デザインやファッションにも導入されました。ハイテク建築には金属が使用され、波形で有孔の表面、目に見える補強ケーブルが特徴です。

ハイテクの断面と全構築

ハイテク様式の建物は一目でわかります:エアコン、パイプ管、エスカレーター、エレベーターやその他テクニカルな要素を建物の中に隠すのではなく、外装の外郭構造に利用して建築の不可欠な一部にしています。ハイテクの要素は太陽エネルギーや自然風力した、いわゆる‘知性ある’ファサードです。チェコでこのスタイルが見られるのは、フランスの建築家J.ノウヴェルによって設計されたスミーホフのショッピングセンター・ゴールデン・アンジェルの立体的建造物や、チェコの建築家J・プレスコトによって設計されたラドリツェのČSOB 本社の建物です;これらはどちらもプラハにあります。ハイテク様式は、建築家E.イジチナーの考案によるプラハ城オランジュリーやズリーンのコングレス・センター、P.パロベックブルノ-トゥジャニ空港の搭乗ホールにも見られます。

長い伝統を持ち古風、それでいて現在でも新しい

過去を振り返ると明確ですが、ハイテクの要素は、すでに遙か昔から一部のデザイナーたちが使用していました。ブルノ博覧展示場Z・パヴィリオンにある巨大なドームを持つ建物は、先駆者の考案によると考えられています。また1970年代には建築家M.ライニシュがナーロドニー・トゥシーダにあるプラハのデパートMáj (現在はMy に、そしてその他に建築家K.フバチェクはがイエシュケドのマウンテン・ホテルにあるテレビ塔にこの様式を用いました。ハイテク要素はプラハで一番の高層建築といわれるジシコフの巨大なテレビ塔にも見られます。塔には芸術家ダヴィド・チェルニーの作品による10人の巨大な赤ちゃんがよじ登り、顔がエアコンの排気口になっています。

お気に入り