機能主義スタイル

Müller Villa in Prague
13. 2. 2014

大邸宅、住宅街に工場、平屋根、屈託のないな直線、そして明るい色で埋め尽くされた内装-これが機能主義です。

第一次世界大戦後、平屋根、屈託のない直線、そして明るい装飾を施し新しい様式を取り込んだアール・ヌーボーが登場しました:これが機能主義スタイルです。技術意図と目的が作品で統合された建築は、幅広く種類や大きさを問わず応用されました。

最高に美しい機能主義スタイルの邸宅

最高に美しい機能主義スタイルの建物はどのようなものでしょうか?それは簡潔で飾り気がなく、それでいて倹約されくつろいげる、また環境に溶けこみ周囲の地形に調和している物です。この特徴はルドヴィヒ・マイス・ヴァン・デ・ロヘの設計で、邸宅は現代世界建築の基本作品の一つとしてユネスコ世界遺産に登録されるブルノトゥゲンドハット邸宅に見られます。

トゥゲンドハットと同時代の1928年から1930年に、プラハミューラーの邸宅が建てられました。オジェホフカにあるこの豪華な家は、建築家アドルフ・ルースとカレル・ロタの設計で、企業家フランチシェク・ミュラーのために建てられました。チェコで最も有名なルースの作品で、邸宅の内装と、この建築家の他の有名な建物を扱った小さな展示をご覧いただけます。

都市、ホテルと博覧会場

約1世紀に渡り元来のスタイルを保持している興味深い機能主義建築のコレクションがブルノの博覧会場で見られます。ブルノにはまた、是非お勧めしたい修復された機能主義のカフェ・エラや、ヨーロッパでも最も幅の狭いホテルの一つで、7 mのファサードで造られているボホスラヴ・フフスが設計したホテル・アヴィオンがあります。ユニークに適応された機能主義スタイルは、ズリーンの街の散策でも味わえます。地元の工場、住宅や商業建築物は、典型的な露骨な赤い煉瓦、鉄筋コンクリートのフレーム、平屋根、スチール製の窓を持った増強されたコンクリート性の骨組みを強調しています。町を牛耳る特徴は、アメリカをモデルにしており、ヴラギミール・カフリーク21’として知られる高層ビルディングです。

お気に入り